HOME > すべての記事 > クレジットカードの基本豆知識 > クレジットカードの暗証番号を忘れてしまった時の対処法

クレジットカードの基本豆知識

クレジットカードの暗証番号を忘れてしまった時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードにICチップが搭載されるようになり、決済時にも暗証番号の入力が求められるようになりました。しかし、依然としてクレジットカードの暗証番号をはっきりと覚えていない方が多いようです。暗証番号での取引が増えている中、この機会に暗証番号を確認する方法をお伝えします。
 

カード会社に電話して暗証番号の照会をお願いする

クレジットカードの暗証番号を忘れた場合、カード会社に電話して暗証番号の照会ができます。

その際は、本人確認が当然実施され、氏名の他、住所、電話番号、生年月日、銀行口座情報など聞かれます。その後、本人確認が無事に出来た場合のみ、郵送で暗証番号を記載した「暗証番号通知書」が1週間程度で届きます。

また、楽天カードの様に、カード会社によっては、インターネットのみで参照することができます。その際は、事前にカード会社のWEB明細に登録しておく必要があります。

暗証番号を忘れた場合、日本国内でのショッピングでの利用の場合は代替の支払い方法がありますので、特に大きな問題にはならないと思いますが、海外でショッピングやキャッシングする際に暗証番号を知らないと、ショッピング利用ができないだけではなく、キャッシュを引き出すことが不可能になり大変困ることになります。

海外に行く予定でクレジットカードの暗証番号をはっきりと覚えていない方は、予め余裕を持って暗証番号を照会することをおすすめします。

また、国内でも今後暗証番号での取引が一般的となり暗証番号が必須になることが予想されます。今後のためにも、暗証番号が曖昧な方はこの機会にクレジットカード会社に問い合わせ、暗証番号の照会することをおすすめします。

クレジットカードにロックが掛かった場合は再発行を依頼する

コールセンター
最近では、ICチップを搭載するクレジットカードが増えており、暗証番号を知らないとクレジットカードが利用できないケースが増えています。また、海外旅行や出張の際に、暗証番号を求められたが、暗証番号をはっきりと覚えていなくて、思い当たる番号を複数回入力してしまい、クレジットカードにロックが掛かってしまったというトラブルもあります。

暗証番号を忘れただけではなく、クレジットカード自体にロックがかかっている場合は、クレジットカードの再発行が必要になります。カード会社に電話を行い、本人確認を実施後、クレジットカードの再発行の手続きを行います。

再発行には1周間から1ヶ月ほど時間を要することが考えられますので、暗証番号の入力は慎重に行い、1回目間違い2回目入力する際は、「本当にこの番号で正しい」と100%確信できる場合のみ入力しましょう。

もし、この時点で暗証番号が曖昧である場合は、そのカードでの取引を止め、別のクレジットカードで決済する、現金などの別の決済手段を利用しましょう。


クレジットカードの暗証番号を忘れた場合は、カード会社に電話して暗証番号の照会を行いましょう。クレジットカード自体にロックが掛かっている場合は再発行を依頼します。暗証番号を入力する際は慎重に行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめのクレカはこちら!

クレジットカードの基本豆知識カテゴリの関連記事