HOME > すべての記事 > クレジットカードの基本豆知識 > クレジットカードの暗証番号の押し間違いしたらまずい回数は?

クレジットカードの基本豆知識

クレジットカードの暗証番号の押し間違いしたらまずい回数は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんはクレジットカードを利用した時の暗証番号を押し間違いをしてしまった事はありませんか?押し間違いをしてしまうと、相当焦ってしまったりしますよね。

焦ってしまうと余計に数字が出てこなくなってしまい、ついついあてずっぽうというか勘で「これかも?」なんて押してしまう事ってよくある事なのです。

ところで、何回か押し間違いをしてしまった時、ロックがかかってカードの利用ができなくなった経験をされた方も多いはず!今回はどうしてロックがかかるのか?なぜ回数が決まっているのかをお話しします。

クレジットカードの暗証番号の押し間違いでロックがかかる理由

とても簡単な問題ですが、クレジットカードの暗証番号がわからなくなってしまったのは本人のミスですよね。それにお店の人はその人が本人だからといってもどうする事もできません。

後は本人が自力で何とか暗証番号を思い出さなくてはならないわけです。ところでどうしてロックがかかってしまうのかというと、答えは簡単ですよね。

クレジットカードを使った人が本人かどうかは本人にしかわからないからです。お店の人は「もしかしたらクレジットカード拾ったのでは?」などと思ってしまうのです。

万が一本人じゃない場合にはクレジットカード会社も本人も多大な迷惑がかかりますから、当然ですがロックがかかるようにしてあるわけです。

どうして回数が決まっているのか?

いくらクレジットカードだからといっても、たった一回くらいで使えなくなってしまう事はありません。たった一回だけでアウトだなんてちょっとひどいですよね。

そこでクレジットカードの暗証番号は2回までは問題は起こらないようにしてあります。ところが3回目に間違えるとロックがかかってしまうようになるのです。

ちなみにクレジットカードだけではなくキャッシュカードでも3回目がダメだったらアウトとなりますので、暗証番号は3回目に正しいものを入れる必要があるのです。

3度目の正直という言葉があるように、もしかしたら3回目は正しい答えが導き出せるかもしれないという意味もあるのかもしれません、

もしもロックをしてしまった場合どうなるのでしょうか?

クレジットカードの暗証番号は指定回数のミスをすると、自動的にロックされてしまう事になりますので、お店でどうするという事もできないものなのです。

つまりクレジットカードの暗証番号の入力ミスでロックがかかった場合、クレジットカード会社に連絡を入れるしか解除する方法がないのです。

当然ですが、これまで利用してきた暗証番号は使う事ができなくなります。新しい暗証番号を入手するしか解除ができなくなってしまいます。

連絡を入れるとクレジットカード会社から手紙や葉書などでクレジットカードの暗証番号が届けられる事になっているのです。

面倒くさいので暗証番号はしっかり管理しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめのクレカはこちら!

クレジットカードの基本豆知識カテゴリの関連記事