HOME > すべての記事 > クレジットカードの基本豆知識 > クレジットカードでのクーリングオフはどうする? 国内編&海外編

クレジットカードの基本豆知識

クレジットカードでのクーリングオフはどうする? 国内編&海外編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エステサロンでは無料でサロンを体験できるサービスを行っているものですよね。

実際に無料エステを体験した後で、高額なコースを契約させられてしまった、という方もとても多いものですがご存知でしょうか?

今回はエステなどでクレジットカードを利用した後、激しく後悔してしまってクーリングオフをしたいと考える方をお助けする話題をまとめてみました。

エステの無料体験で感動してつい高額エステコースを契約!

creditcard-cooling-off02

世の中には心を強く持てばとってもお得な無料サービスというものがたくさんあります。エステサロンの無料体験コースもそのうちの一つだといえるでしょう。

さて、エステを受けた後で感動に浸っている時、エステのお姉さんが「続けて受ければもっともっと美しくなれますよ!」なんて言ってくる事があります。

それを押し返して問題なく「この次で」と帰る事ができますが、中には高額エステコースを契約してしまう方もいるのです。

エステの無料コースはつい契約してしまう人を狙っているものなので、無料だからと安易に受けると手痛い契約をしてしまいかねないのです。

ちなみにクレジットカードで契約をしてしまった場合、後になって考えてみたら「やっぱりこんなに高額なのは払えない」と考える事もあります。

この時、クレジットカードの契約をクーリングオフする事ができるのでしょうか? 答えは『できます!』なのです。

クレジットカードでエステの契約をクーリングオフ!

エステサロンの契約をクレジットカードを使って行った時、クーリングオフをする事は可能なのですが、エステの場合は8日以内だったらというのではないようです。

例えば契約をした金額が5万円以上の契約である場合、そして契約期間が一か月を超えるものである必要があります。

他のものだと8日以内じゃないとできないとされていますが、エステの場合は金額も金額ですし、長期間にわたって利用するものだからこうした決まりとなっているのです。

クーリングオフをする時には店舗に言う事もできるかもしれませんが、中には店舗に行くとまた説得されてしまうのでは? と不安になる方もいるでしょう。

そんな場合にはクレジットカード会社に連絡をして、そこでクーリングオフのお話をしてみるといいでしょう。

クーリングオフをしたら契約違反になるのでは?

creditcard-cooling-off04

エステではお客様が納得して契約をしたはず! などと言って、契約違反になるから違約金を払えなどと言われるかもしれない、なんて不安になってしまう人もいるかもしれません。

手続きをする時には書面でしっかりと手続きをします。そうすれば支払った代金も返済されます。ただししっかりと書面にて契約解除をする必要があります。

サロンに契約解除の通知をするために、手紙でもハガキでもいいので次の事をしっかりと記入して郵送して通知をしましょう。

  • 契約年月日
  • 商品名
  • 契約金額
  • 販売会社名
  • 契約を解除したので支払い済みの(金額)を返金してください。などの具体的な事を書く
  • 日付、住所、氏名

これをすべて記入して郵送するのです。もちろんクレジットカード会社にも同じように記入して郵送しましょう。

重要なのはコピーをして郵送する必要があります! そうしないと悪質なエステサロンの場合には、そんなの知らないなどの話に発展しかねません。そうならないためにもコピーはしっかりととっておきましょう。

ちなみにそれでも不安を感じるという方の場合には、専門家に相談してみるのもいいかもしれません。

その場合には、国民生活センターというのがありますので、ネット上にもサイトがあるので気軽に相談してみるといいでしょう。

まとめ

creditcard-cooling-off03

いかがだったでしょうか? エステサロンは気持ちよく美しくなれるところです。そんなところで嫌な思いをしてはリラックスする事もできません。

もしも無料コースを体験して、無理やり高額なコースを契約させられてしまった場合には、クレジットカード払いをしたとしても、クーリングオフをぜひ利用してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめのクレカはこちら!

クレジットカードの基本豆知識カテゴリの関連記事