HOME > すべての記事 > クレジットカードの基本豆知識 > 複数のクレジットカードをどうやって使い分けしているのかまとめ

クレジットカードの基本豆知識

複数のクレジットカードをどうやって使い分けしているのかまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードには色々なものがありますが、だからといってクレジットカードをあれこれ持っていてもあまり意味がありませんし、複数枚のクレジットカードを持つ事は危険な事でもあります。

ですが道行く人に「クレジットカードを何枚持っていますか?」と尋ねると、意外と複数枚持っているという方がいらっしゃるのもまた事実です。

今回は複数のクレジットカードを使い分ける時の注意点や、本当に持っていて使いこなせる危険の少ない枚数についてをまとめてみました。

クレジットカードは何枚持っているものなのか?

creditcard-hukusuu-tukaiwake01

一般的には3枚持っているという方が多いのは事実でしょう。その複数のクレジットカードすべてを、上手にうまく使いこなしているという方もいらっしゃいます。

ですが複数枚のクレジットカードを、どのように使い分けしているのかについては個人差があるのは事実で、例えばマイルに交換する事ができるタイプのクレジットカードで効率よくポイントを貯めるという使い方もあるようです。

また、交通系はこのカードを使って普段使いのクレジットカードはこれ、といったようにライフスタイルに合わせて複数のクレジットカードを使い分けしているという方もいらっしゃいます。

こういう風に目的があって複数のクレジットカードを使っているのなら問題はないでしょう。

中には2枚のクレジットカードを上手に使い分けするのがベストだと感じている方もいるようです。その理由が知りたいですよね。

クレジットカードは2枚~3枚がベストだと言われている理由

creditcard-hukusuu-tukaiwake02

まず、クレジットカードを持てる枚数にも限界があるって知っていましたか? クレジットカードには限度額というものがありますよね。

その限度額いっぱい使っていなくても、クレジットカード会社はそれだけの借金ができると考えます。そしてクレジットカードというのは総量規制の対象です。

つまり年収の1/3以上の限度額のクレジットカードを持っているという事は、もうそれ以上は作れないという事になるわけです。

だから2枚~3枚が限度であるというわけなのです。しかもクレジットカードは信用がつけば限度額が上がっていきますよね。そうなればいくら信用があっても複数枚クレジットカードは作れない事になるのです。

がっかりする方もいるかもしれませんが、クレジットカードを複数枚持つ事は大変危険な事でもあるのです。

クレジットカードを複数枚持つ時の注意点

creditcard-hukusuu-tukaiwake03

まず、クレジットカードを複数枚持っていたとしても、使った時の支払いは一括払いを基本とした方がいいでしょう。

それはリボ払いを使うと、どんどん借入の部分が膨らんでいってしまうからです。そうなると別のクレジットカードを使うようになってしまいます。

せっかく使い分けのために持っていても、一方が限度額いっぱいになってしまったから使うのでは、借金が膨らんでいってしまうだけなのです。

そうなれば、返済に追われてしまってクレジットカードを使う事ができないので、当然ですがやがて信用を失う事になってしまいます。

なのでクレジットカードを複数持って使い分けをする時には、支払いは一回払いと決めておき、自分なりにルールを作ってそのルールを守るしかないのです。

クレジットカードはプロパーカードと提携カードの2枚がベスト!

例えばクレジットカード会社が発行しているプロパーカードは、サービスが提携カードとは違って充実しているものが多いですよね。

プロパーカードというのはクレジットカード会社が発行しているカードの事を言い、提携カードというのはクレジットカード会社が企業提携して発行しているカードが提携カードです。

とっても使い勝手が良くてマイルが貯まるANAカードなどは提携カード、JCBカードなどはプロパーカードという事になります。

もしポイントを貯めるのに重点を置いている場合には、プロパーカードよりも提携カードを作って利用した方がいいですね。

最近は楽天カードのようにプロパーカードでありながら、提携カード並みのポイントが貯まるものもあるので、普段使いに利用してもいいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめのクレカはこちら!

クレジットカードの基本豆知識カテゴリの関連記事