HOME > すべての記事 > クレジットカードの基本豆知識 > 日本のクレジットカードの普及率と日本人の使用頻度の謎とは?

クレジットカードの基本豆知識

日本のクレジットカードの普及率と日本人の使用頻度の謎とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近ニュースで日本人はクレジットカードを持っていても使わない、というニュースを発見したので調べてみました。

ニュースの内容を見れば「なるほど」と思う事もたくさんあるものですね。今回は日本人のクレジットカードの普及率や使用頻度についてのお話をしていきます。

日本のクレジットカードの歴史

日本にクレジットカードが作られたのは1960年の事でした。みずほ銀行とJTBが日本ダイナースクラブを設立したのが始まりだと言われています。

初めてクレジットカードが発行されたのが翌年の1961年だったのだそうです。実はこれはJCBも同じ時期にできたのだそうです。そのくらい歴史が古いものなのですね。

もちろん最初の段階ではクレジットカードを作ろうとする人がほとんどいませんでした。財閥などの一部の裕福層の方々が所有していたようですね。

一般の方々がクレジットカードを利用しようと思うような時代ではなかったみたいです。考えてみればクレジットカードは、当時の人から見たらつけ払いという事ですからね。

その後、丸井がクレジットカードを作って広めたため、日本でもクレジットカードを作ろうと思う人が増えたのかもしれません。

現在ではエポスカードとして生まれ変わりましたが、丸井の赤いカードはあまりにも有名でしたね。

日本で本格的にクレジットカードが普及し始めたのはいつ?

日本でクレジットカードが定着し始めたのは、1980年代だと言われています。当時の金融機関が軒並み現在も有名なクレジットカードの銘柄を発行した時期だったのですね。

例えばクレディセゾン、セントラルファイナンス(セディナ)、ジャックスカード、KCカード(国内信販)日本信販、ミリオンカード、住友クレジットサービス(三井住友VISA)などなどですね。

現在でも年間26000枚(総発行枚数:3.2億枚)ものクレジットカードが発行されていると言います。日本も海外並みのクレジットカードの保有率になったという事ですね。

ところで、クレジットカードは持っているのに使わない日本人も増えてきているのだそうですね。

特に最近は若い人のクレジットカードの利用率が低い事に注目が集まっています。それはどうしてなのかを調べてみました。

クレジットカードはあるのになかなか使わない日本人事情

日本人の若い人がクレジットカードを使わなくなった、という話は確かに存在しているようですし、使用率や保有率もかなり低い事はわかっています。

ですがそれと普及率が下がっているという話はマッチしていません。どういう事なのかというと、少子化社会の現代では若い人の数が圧倒的に少ないのです。

例え全ての20歳の人がクレジットカードを1枚所有していたとしても、ベビーブームの時の40代の人には勝つことはできません。

つまり若い人の人口が低くなった事がクレジットカードを保有している若い人が少ない、というのが真相のようですね。

確かに数ではかなうわけがありませんよね。それともう一つ事情があるようです。それは仕事や審査の問題です。

若い人の就職難や審査が使用率を下げている

日本も世界と同じように、就職難の時代が続いている状況ですので、正社員として働ける人の数が少なくなっているというのは事実です。

そのためクレジットカードを作ろうと思っても、審査が思うように通らない事もあるのです。これは金融事故が起こっていなくてもありうる事です。

クレジット会社も安定した所得や就職先が無ければ、クレジットカードをおいそれと発行してはくれないものなのです。

だからクレジットカードを保有していない若い人も多いというわけなのですね。ですが実際にクレジットカードを保有している若い人が、使っていないという事はありません。

むしろ日本人のクレジットカードの使用率を下げている原因は、中高年にあると言ってもいいかもしれません。

日本人がいまいちクレジットカードを使わない理由

そもそも日本人はとても用心深い人種ですので、クレジットカードなるものの全てを知り尽くしているわけではありません。

そうなると、不安ばかりが先走ってしまうために、クレジットカードの使用率がいまいち伸び悩んでいるというわけですね。

これについてはクレジットカードというものが、どのような目的で作られていて、どうやって使えるのかや気を付ける事は何かをしっかりと学べれば解決する事です。

また、日本人の多くは失敗から学ぶ事が得意なくせに、意外と失敗したという話を真に受けてしまい、自分も失敗するのでは? などと不安になって使用率が低いのもあるでしょう。

クレジットカードの勉強を子供のころからしていれば良かったのでしょうが、金融の勉強は一切しないのが日本の教育の悪いところなのです。

最近は、小学校から金融やクレジットについての勉強を取り入れるところも出てきているようですので、どんどんクレジットカードの安全性や使い方を勉強すべきですね。

本当は安全で一番怖くないのがクレジットカードやデビットカードなどです! しっかりと勉強をして上手に賢くお得に使えるようになるといいですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめのクレカはこちら!

クレジットカードの基本豆知識カテゴリの関連記事