HOME > すべての記事 > クレジットカードの基本豆知識 > クレジットカードで社内ブラックになったらどうすればいい?

クレジットカードの基本豆知識

クレジットカードで社内ブラックになったらどうすればいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分ではそんなにトラブルを起こしたとは思っていなかったとしても、クレジットカード会社にとってはブラックリストに載せたいと思う程の問題があったとしましょう。

例えばどうしても事情があって破産宣告をしなくてはならなかったけれど、現在はもう立て直してふつうに生活が送れるようになったとします。

となればクレジットカードを復活したいと思うのも不思議ではありませんよね。ところが年数が5年~7年経っているのに、まだクレジットカードが作れなかったとしたらどうしますか?

もしもクレジットカードを作ろうと思ったら作れなかった、よくよく考えてみたら社内ブラックに記載されているのかもしれないと思ったら、どうしたらいいのかについてを今回はまとめてみました。

社内ブラックに記載されてしまったらどうすればいい?

creditcard-shanai-black-dousuru02

まず社内ブラックに記載されてしまった場合ですが、ほぼ半永久的に削除される事はないと思っていいでしょう。

どうしてなのかというと、クレジットカード会社では申し込みした方の審査を行った時に、社内ブラックになっている人は申し込み拒否ともとれる内容の記載がされているからです。

そういう場合には何年経過してもそのクレジットカード会社でクレジットカードを作るのは無理だと思った方がいいでしょう。

実際に破産宣告や債務整理などを行った場合には、そのクレジットカード会社ではクレジットカードの申し込みをしなければいいのです。そうすれば拒否されることもありません。

社内ブラックはいつ削除されるのか?

creditcard-shanai-black-dousuru03

これについても簡単に説明をしてきましたが、基本的にクレジットカードの社内ブラックに記載されてしまった場合には、ほぼ半永久的に削除される事はありません。

なぜ? と思うかもしれませんが、考えてもみてください! もしも自分ならばお金を貸した相手がうまい事を言って借金を踏み倒してしまったとしたら許せるでしょうか?

法律で返済しなくてもいいと判断されたとしても、気分的に「二度とこの人とは付き合いたくないな」と思うはずです。つまり信頼を失ってしまったので一切の関わりを絶たれた事になるわけです。

この事から一度社内ブラックになってしまった場合は、ほぼ二度と削除される事はないのです。だからこそ気を付けなくてはならないのですね。

社内ブラックの他社への影響はありません!

creditcard-shanai-black-dousuru04

救いなのは個人情報センターなどに記載されるわけではありませんので、他社への影響はほとんど考えなくてもいいという事です。つまり最初に説明したように社内ブラックに記載されているであろうクレジットカード会社以外で申し込みをすればいいのです。

クレジットカードを作りたいと思ったのならば、確かに使い勝手はいいかもしれませんが、他社のクレジットカードへの申し込みをした方が審査に通りやすいという事になるわけですね

ちょっと安心したのではないでしょうか。でもこれはある意味とても怖い事でもあります。どういう事なのかというとクレジットカードを作った先々の会社でトラブルを起こしてしまった場合です。

次々にクレジットカードを作り変えて同じような問題を起こしてしまった場合、当然ですが社内ブラックに記載される機会が増えるという事になってしまいますよね。

となると当然ですが少しずつ作れなくなるクレジットカードが増えていくという事になるのです。

社内ブラックにならないように最大限の努力をする

creditcard-shanai-black-dousuru05

もしもクレジットカードがどんどん作れなくなってしまったらどうしますか? 便利なものから遠ざかって生活をしなくてはならなくなるのです。クレジットカードに慣れている人にとってはとても不便な生活です。

そんな不便な生活にならないようにするためには、最初から社内ブラックにならないように努力をして生活をしていかなくてはならないという当たり前の生活をすればいいのです。

もちろんすでに数社とのトラブルによって、社内ブラックに記載されてしまったかも? という方の場合も同様です。

もう二度と遅延や延滞などが無いように計画的にクレジットカードを利用して、しっかりと遅れが無いように支払いをしていくといいでしょう。

それともう一つだけ注意しなくてはならない事があります。

関連した金融機関でも適用されてしまうので注意!

creditcard-shanai-black-dousuru06

どうして社内ブラックに記載されないようにしなくてはならないのかを簡単に説明しましょう。

現代では金融機関同士が業務提携などを行っている事が多いですよね。例えば消費者金融系の金融機関が保証会社としての業務を行っていて、大手の銀行の保証会社として業務を行っているなどがそうです。

この場合、どちらかの金融機関で金融トラブルを起こしていて、どちらかの社内ブラックに入っていたとしましょう。当然ですが審査が通らなくなる可能性は非常に高いと言っていいでしょう。

もしも金融トラブルを起こしてしまった場合は、どんな金融機関と提携を結んでいるのかについてもしっかりと調べておき、その銀行でもローンが通らないと思った方がいいでしょう。

こうならないためにもどこのクレジットカード会社とも金融機関とも金融トラブルを起こしてはいけないのです。

まとめ

いかがでしたか? 今回は社内ブラックになってしまった場合にどうすればいいのかや、削除までの期限はどうなっているのか、そして金融機関同士のつながりについてもお話ししました。

金融トラブルを起こさないようにするのは自分のためでもあります。そして社会人としてのマナーでもありますので、できるだけクレジットカード会社や金融機関とトラブルを起こさないように気を付けなくてはなりません。

実際にはそんな事はありませんと言っていても、やはり業務を行っている以上は社内ブラックはあるものなので、間違いを起こさないようにするのは悪い事ではありませんし、自分の将来のためでもあるのでくれぐれもトラブルを起こさぬようご注意ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめのクレカはこちら!

クレジットカードの基本豆知識カテゴリの関連記事