HOME > すべての記事 > クレジットカードの基本豆知識 > クレジットカードの限度額を平均的にあげるためにすべき事は?

クレジットカードの基本豆知識

クレジットカードの限度額を平均的にあげるためにすべき事は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードを作ってみたものの、なかなか最初の限度額の設定から上がっていかないと悩んでいる方いませんか? せっかくクレジットカードを持っているのだから、ちょっとくらいは限度額が上がって欲しいと思いますよね。

そこで、今回はクレジットカードの限度額を、平均的に上げるためにすべき事についてを調べてみました。いくつかのやってはいけない事を発見できるかもしれません。

クレジットカードは日常的に使っている方がいい

せっかくクレジットカードを作ったのに現金主義という人も中にはいるかもしれませんよね。

確かにクレジットカードはいざという時のためにとっておいて、普段は現金で支払いをしてしまう人って意外と多かったりするのですが、それではクレヒス(クレジットヒストリー)は上がっていく事はありません。

どうすればいいのかというと、クレジットカードは生き物と同じだと考えて、普段から使っておくとクレジットカード会社の方も信用を上げていく事ができるのです。

よく考えてみるとわかりますが、クレジットカード会社はクレジットカードを使ってもらった手数料が儲けになるわけですよね。なので普段から使ってくれている人の方が、使わない人よりも信頼してくれるものなのです。

リボ払いはせずに一回払いを基本とする

クレジットカードでショッピングをすると、ついつい使いすぎてしまうところがありますよね。そんな時に助かるのがリボ払いだと思うのですが、基本は一回払いにしておく方が信用が上がります。

無理をして使う必要はありませんが、基本は一回払いにしておいた方がいいという事は頭に入れておきましょう。それになんでもそうですがローンなどは分割の方がお金が余計にかかってしまいます。

それに限度額を上げる云々よりも利用限度額いっぱいまで使ってしまっては、クレジットカード会社の方も上げたいけど上げられない状態になってしまっていると言っていいでしょう。

なのでクレジットカードの限度額を上げたいのならば、支払い方法は一回払いが基本として考える事です。

クレジットカードの審査時に収入証明書を提出する

何でもそうですが永遠に使えるものってありませんので、続けて使いたいのならば収入証明書を更新の時に提出する事をおすすめいたします。

収入証明書の提出があれば、意外とガーンと限度額を上げてもらえる事があります。クレジットカード会社としても、収入がいくらなのかもわからない人のクレジットカードの限度額を上げるわけにもいきませんよね。

なのでできればクレジットカードの更新の時には、収入証明書を提出するといいのです。

毎月の生活費や光熱費や家賃の引き落としをカードでする!

一番手っ取り早い方法はこの方法でしょう。どうしてかというと、クレジットカードで光熱費や家賃などの引き落としをしていれば、不動産会社からも信用されますしクレジットカード会社からも信用されるからです。

ポイントも定期的に貯まっていきますのでとてもいいですよね。その代わり一回払いで支払う事をおすすめします。ついついリボ払いにしてしまいそうですが、それだと数か月でパンクしてしまうでしょう。

自分の信頼を失わないクレヒスの作り方をしてみるのが一番です。

絶対にやってはいけないのは滞納です!

昔ありましたが、散々クレジットカードを使っておいて、支払いをせずに自己破産をする人が多かった時代があったのです。そんな事をしていてはいつまでたっても信用は得られないでしょう。

どうすればいいのかは簡単にわかりますよね? そうです! 決して滞納をしてはいけないのです。滞納をしてしまう事によって、さまざまな事に支障が出てしまいます。

将来の自分の人生だってダメにしてしまう可能性があるので、クレジットの滞納や遅延は絶対に避ける必要があるのです。ですが逆に言えばこれらの事に注意していれば、クレヒスも作れますし信用も得られます。

そして平均的に限度額が上がっていくはずですので実践してみるといいでしょう。ちなみにすでに信用はあるのに上がらない場合には、自分から連絡をしてみてはどうでしょうか? もしかしたら申告が無いからかもしれませんよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめのクレカはこちら!

クレジットカードの基本豆知識カテゴリの関連記事