HOME > すべての記事 > クレジットカードの基本豆知識 > ゴールドカードを年会費無料で使える2つの方法

クレジットカードの基本豆知識

ゴールドカードを年会費無料で使える2つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードを持っている方は誰もが憧れる「ゴールドカード」。
店頭での支払い時に限らず、財布からチラッと見えるだけでも存在感があります。

しかし、年会費が高くなるため、ゴールドカードを手にすることに躊躇しているかたも多いと思います。そこで今回、年会費無料で利用することが出来るゴールドカードは存在するのか調べてみました。

年会費無料で使えるゴールドカードとは?

ゴールドカードは、クレジットカードとしての支払い機能だけではなく、高額な年会費を支払うことにより、付帯サービスや付帯保険、サポートサービスなどの付加価値を提供できています。

年会費が無料となると、カードに付帯サービスの対価を回収できないので、一般的なクレジットカードでは「年会費無料を謳っているゴールドカードは無いと言えます。
しかしながら、ある条件を満たすとゴールドカードの年会費が割引になり実質無料で使うことが出来るゴールドカードは存在します。

インビテーションによる取得で年会費が無料に

ゴールドカードの年会費が無料になる条件としては、「インビテーションによる取得」です。

クレジットカードの利用実績が良好な方に対し、クレジットカード会社から招待された時にのみ取得できるゴールドカードです。
招待制になりますので、申し込みによる取得が出来ない限定のゴールドカードになります。
招待制ゴールドカードで代表的なクレジットカードは以下の通りです。

1.イオンゴールドカード
2.エポスゴールドカード
3.セブンカードゴールド

主に流通系クレジットカードが招待制を採用しています。
これらのカードの招待条件は非公開ですが、発行元の小売店での買い物回数が多い方や年間100万円前後の利用が招待条件とも言われています。

一定基準を満たすと年会費が無料

カード
クレジットカード会社が定めた一定基準を満たすと、年会費が無料になるケースです。

多くのケースとして年間利用額が一定額に達した場合、翌年の年会費が無料になる場合です。

例えば、シティバングゴールドカードの場合、プレスティア口座開設済みで年間30万円以上利用した場合、翌年度の年会費が無料になります。更に、三菱東京UFJ-VISAゴールドカードとNTTグループカードゴールドの場合、年間利用額100万円以上で翌年度年会費無料となっています。

ゴールドカードの年会費を無料にしたい場合のキーポイントは年間の利用額です。
クレジットカード会社にとっては、年会費無料で提供するにあたり、年会費分の費用を回収しなければなりません。論理的に考えて、多く使って頂けるヘビーユーザーであれば、加盟店から得られる決済手数料による収入が多く得られることになり、年会費を上回る費用を回収することが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめのクレカはこちら!

クレジットカードの基本豆知識カテゴリの関連記事