HOME > すべての記事 > クレジットカードの基本豆知識 > クレジットカードの引き落とし日に間に合わなかった場合の対処法

クレジットカードの基本豆知識

クレジットカードの引き落とし日に間に合わなかった場合の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今月は出費が多くカード会社が指定した日に引き落としができるか危うくなるというケースは誰しもあるでしょう。また、遅れてしまえば、信用情報機関に登録されるのではないかといった懸念をしてしまうかもしれません。

少しの遅れであれば、以下の対処方法を行うことで、大きな問題にはなりませんので安心しましょう。
 

カード会社から届くはがきを確認する

クレジットカード利用料金の引き落としができなかった場合、多くの場合クレジットカード会社よりはがきが届きます。まずは、そのはがきに記載されている内容をしっかりと確認します。

大抵の場合、遅延した場合の支払期限が記載されていますので、その期限までに支払いができるように準備します。

引落日に間に合わなかった場合、はがきに記載されている引落日に引落が行われるか、自分からカード会社が指定する銀行口座に振り込む場合が殆どです。

ただし、カード会社によっては、はがきが届かないこともありますので、その場合は自分から連絡することになります。

支払いができていなことがわかった時点で自分から連絡する

連絡
銀行口座残高を確認した際、引落しができていないことが、カード会社から連絡が来る前にわかった場合は、自分からカード会社に連絡して、引落しができているのか再度確認を行い、引落しができていない場合は、カード会社に指示を仰ぎます。

多くの場合、カード会社が指定する銀行口座に振り込むことが多いです。また、再度引き落としを行うとのことであれば、その日までに自分が指定した銀行口座に入金しておきましょう。

自分が把握している引き落とし日に引き落としができていなかった場合、金融機関の休業日等で、引落日が前後にずれることもありますので、予めクレジットカードの引き落とし日を確認しておくようにしましょう。

どうしてもお金の用意ができない場合はカード会社に相談する

どうしても次回の支払日までにお金が用意できない場合は、カード会社に相談しましょう。

カード会社によって対応方法は異なるものの、引き落とし日の引き伸ばしや分割払いでの対応など応じてくれる場合があります。しかし、この様な事があれば、次回からのカード更新の見送りや利用限度額の見直しが行われることは十分に考えられますので、クレジットカードは計画的に利用するようにしましょう。


クレジットカードの引き落としが出来なかった場合は、カード会社の指示に従い、次回の支払日までにお金を用意しましょう。支払いが遅れたからといってすぐに信用情報機関に登録されることはありませんので慌てる必要はありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめのクレカはこちら!

クレジットカードの基本豆知識カテゴリの関連記事