HOME > すべての記事 > クレジットカードの基本豆知識 > 2015年に改悪した高還元率クレジットカードまとめ

クレジットカードの基本豆知識

2015年に改悪した高還元率クレジットカードまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年の夏以降に高還元で大変人気が高かったクレジットカードの一部で改悪が実施されました。特にポイント還元率を重視していたヘビーユーザーにとっては悲報となりました。今回は2015年に改悪を実施したクレジットカードを振り返り、今後の有力カードに注目してみましょう。

ポイント還元率が引き下げられたクレジットカード

改悪された有名なカードは、ジャックスカードが発行している「漢方スタイルカード」と「REXカード」、「リーダーズカード」の3枚です。この3枚はポイント還元率が1.75%以上と高還元率で有名なカードでした。今回、2015年12月に実施されるポイント改訂により、下記のとおり還元率が引き下げられます。

・漢方スタイルカード1.75%→1.5%
・REXカード1.75%→1.5%
・リーダーズカード1.8%→1.32%(アマゾン限定デポジット換算)

これらの高還元率カードをメインカードとして使用していた方が多く、多くの方がクレジットカードの見直しを迫られる状況になりそうです。特に、リーダーズカードに至っては、ポイント還元率が約5%もの暴落し、一部のヘビーユーザーの間で嘆くのも無理はありません。

乗り換え先候補は「リクルートカードプラス」もしくは「P-one Wizカード」


今回ご紹介した3枚のクレジットカードから乗り換える場合、有力候補はどのクレジットカードが良いのか調べてみました。

長期的な目線で考えると、有力カードはかなり選びにくい状態です。還元率が高いクレジットカードが登場しては短期的にポイント改訂を実施するカードが少なくないからです。マラソンで例えると、先頭集団がそろって脱落し、団子状態になっている様なものでしょうか。

・リクルートカードプラス

2016年に絞って考えると、候補となるのは「リクルートカードプラス」となります。還元率が2%を誇る高還元クレジットカードとして有名で、貯まったポイントはリクルートの各サービスで使える他、共通ポイントサービス「Ponta」に交換することで、幅広く利用することができます。しかしながら、2015年11月より「リクルートポイント」が「Ponta」と統合することにより、この2%の還元率がいつまで続くか懸念されるところです。

・P-one Wizカード

還元率1.5%P-one Wizカードも乗り換え先候補としておすすめです。ジャックスカードのポイント改訂により、「漢方スタイルカード」、「REXカード」と同等の還元率となりますが、高還元率のクレジットカードの中では、唯一年会費が無料な点も大きいです。また、キャッシュバック(請求額自動値引き)とポイントサービスを両立している点も特徴で、請求額から1%の値引きと0.5%のポイント特典と2つの特典がついてきます。クレジットカードの利用金額が少なく、家計への節約効果が大きいクレジットカードとしておすすめです。

ジャックスカードのポイント改訂により、多くのヘビーユーザーの方がメインカードを変更せざるを得なくなりましたが、
今後は「リクルートカードプラス」と「P-one Wizカード」の2強となる可能性が高いと言えそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめのクレカはこちら!

クレジットカードの基本豆知識カテゴリの関連記事