HOME > すべての記事 > クレジットカードの基本豆知識 > クレジットカードの付帯保険でどんな事を補償してもらえるのか

クレジットカードの基本豆知識

クレジットカードの付帯保険でどんな事を補償してもらえるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードはショッピングやキャッシングだけに使えるものではありません。例えばクレジットカードには自動付帯保険というものがついてきますよね。

この自動付帯保険というのは単なるサービスとは違います。ちゃんとに保険として活用する事ができるものだったりするのです。今回はクレジットカードの付帯保険にはどんな補償があるのかを調べてみましょう。

クレジットカードの付帯保険とは

hoken02

クレジットカードの付帯保険は、クレジットカードの会社によって内容が若干違うと言われていますが、概ね同じような補償の内容になっている事が多い保険です。

例えばJCBカードの場合だと、持っているカードの支払い方法のコースに定額コースを選択すると付帯してくる保険で、JCBカードでショッピングをした商品を、買った日から90日間の間補償してくれます。

年間最高100万円まで補償をするというタイプの補償がつきます。ただし国内のショッピングに限る事が多いようです。内容については持っているクレジットカード会社のサイトなどをチェックしてみるといいですね。

他には、盗難やクレジットカードの紛失をしてしまった時の補償をしてくれるサービスもついています。紛失の場合には緊急再発行カードを手配してくれるクレジット会社もあるようです。

特別な付帯サービスもあります

hoken03

例えば航空便が遅れてしまった場合などの配達遅延や紛失による損失を補償するサービスで、ゴールドカード以上のカードを持っている方に付帯するサービスだと言われています。

他にもスポーツ保険などもクレジットカードの付帯保険でまかなう事ができる場合もあるようです。ただし持ち主本人の補償になるなど規定もあるので、クレジットカードの会社に聞いてみるというのも必要かもしれません。

付帯保険の中には、第三者に故意に危害を加えられてしまった場合などにも補償してくれるサービスを提供している会社もあるようです。

海外旅行での被害にも利用ができる?

hoken04

クレジットカードを海外旅行に持っていくのは当然の事かもしれませんが、海外旅行の場所によっては盗難や強盗などの犯罪に巻き込まれてしまう事もあるかもしれません。

無いかもしれませんが皆無ではないと思って海外旅行へ行っている方も多いのではないでしょうか。

そんな海外旅行の時には保険に加入する方も多いと思うのですが、クレジットカードの付帯保険で間に合うと感じる方も多いかもしれません。

確かにクレジットカードで海外旅行のトラブルに対応する事ができるかもしれませんが、やはりそこはクレジットカード会社によって違う補償を確認してから利用する方がいいでしょう。

つまり海外旅行へ行く時に使うクレジットカードを決めておくといいという事にもなるのです。なのでそれぞれのクレジットカード会社の補償の特徴をしっかりと把握してから決めるべきでしょう。

何の補償に強い方がいいのかを自分で決めよう!

hoken05

何の補償があった方がいいのかを自分で考えてみましょう。例えば海外で怪我や病気になってしまった時の補償が良い場合には、その部分に特化したクレジットカードを選択するのです。

また、盗難や紛失がやっぱり心配という場合には、盗難や紛失といった損害に強い付帯保険のクレジットカードを選択すればいいのです。また、海外では日本ではあまりない「損害に対しての賠償」についての補償も必要かもしれません。

いかがでしたか?ご自分の必要な付帯保険がわかったでしょうか。より自分のライフスタイルに合ったクレジットカードを選ぶ事は、結果的に自分を守ってくれる事になるので、しっかりと勉強して選ぶようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめのクレカはこちら!

クレジットカードの基本豆知識カテゴリの関連記事