HOME > すべての記事 > クレジットカードの基本豆知識 > 知っておきたい:海外利用時の手数料の事をお話します!

クレジットカードの基本豆知識

知っておきたい:海外利用時の手数料の事をお話します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードを使う時には手数料というものが発生するのをご存知でしょうか。「え?それは海外だけでしょ?」と思う方もいるかもしれませんが、実は日本国内でも手数料がかかる事があるのです。

ところでクレジットカードの手数料とはいったいどういうものなのか、まずはこの部分から勉強してみるとわかりやすいかもしれませんので、まずは手数料についてのお話から説明していきたいと思います。

クレジットカードを使うと手数料がかかる

keihi01

海外旅行へ行く方が増加しているので、海外旅行でクレジットカードを使うという方も多いのではないでしょうか。

ところで海外旅行でクレジットカードを使った時、国内で使った時よりも『高い』と感じた事はありませんか?そもそも海外で使った場合はレートが関係しているので、多少高い安いは気にならないのかもしれませんね。

ですが海外でクレジットカードを使うと、「海外取引関係事務処理経費」という経費が加算されて請求される事になるのです。よく請求書を見た時に見かけたという方もいるのではないでしょうか。

さて、海外取引関係事務処理経費はクレジットカードによって違うという事も先に話しておきましょう。平均は1.63%となっています。そして手数料が低いクレジットカードだと1.6%と0.03%ほど安いです。

特別に今回は手数料が低いランキングを作ってみましたので、クレジットカードを作る時の材料になれば幸いです。

海外取引関係事務処理経費手数料ランキング(低い順)

 クレジットカード/国際カード  VISA  Master  JCB
セゾンカード  1.60%  1.60%  1.60%
イオンカード  1.60%  1.60%  1.60%
セディナ  1.60%  1.60%  1.60%
JCBカード  1.60%
三菱UFJニコス  1.63%  1.63%  1.60%
オリコカード  1.63%  1.63%  1.60%
楽天カード  1.63%  1.63%  1.60%
ビューカード  1.63%  1.63%  1.60%
ジャックス  1.63%  1.63%  1.60%
三井住友カード  1.63%  1.63%  1.63%
 住信カード  1.63%  1.63%
 三菱UFJニコス(MUFG)  1.63%  1.63%  1.63%
 三菱UFJニコス(ニコス)  1.63%  1.63%  1.63%
 NTTファイナンス  1.63%  1.63%  1.63%
 ライフカード  1.63%  1.63%  1.63%
 ポケットカード  1.63%  1.9%  1.60%
 アメックス  2%

 

DCカード TTSレート×1.3%
SBIカード Master 1ドルにつき3円、1ドルが100円の場合は3%

シティカード VISA ゴールド・エリート2% クラシック・クリア 2.5%
VISA ゴールド・エリート2% クラシック・クリア 2.5%

※TTSレートとは「円」→「外貨」に交換するレートの事です。

クレジットカードを使う国も気をつけよう

keihi03

クレジットカードを海外で使う時には、どこでも一律同じだと思うかもしれませんが、実は国によっては手数料を店舗で上乗せしている事があります。

例えば日本人も大好きなオーストラリアやイギリス、スウェーデンやオランダなどではクレジットカード取扱店がクレジットカード会社に払う手数料を上乗せしている場合が多いのです。

違法では?と思うかもしれませんが、その国ではそれが認められているので仕方がない事なのです。こういう事があるから海外で使った請求が国によって違うのですね。

海外で本当に便利なクレジットカードを作ろう

いかがでしょうか。クレジットカードは何だっていいというわけではない事がわかりました。海外に行かないから大丈夫という方には必要がないかもしれませんが、旅行に行かないとも限りません。

それに海外旅行が大好きな人なら手数料の事は知っておいた方が良いに決まっています!またこれからクレジットカードを作る方は、ぜひ参考にしていただけたら嬉しいですね。

ちなみに国内でもネットショップなどでクレジットカードを使った時などに、稀にこの手数料が発生する事があるので、請求書をしっかりとチェックしてみるといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめのクレカはこちら!

クレジットカードの基本豆知識カテゴリの関連記事