HOME > すべての記事 > クレジットカードの基本豆知識 > クレジットカードを持ったら必ず守るべきことまとめ

クレジットカードの基本豆知識

クレジットカードを持ったら必ず守るべきことまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードを持つ上で、必ず守らなければならないことがあります。知らずに間違った利用をしてしまえば、クレジットカードの利用停止だけではなく、今後の人生にも大きく影響してしまうこともあります。クレジットカード初めて持つ方、既に持っている方も改めて確認を行いましょう。
 

クレジットカードの裏面にサインをすること

クレジットカードの審査に通過し、無事に手元に届いたら、必ず裏面にサインをしましょう。時々、サインをしないまま持ち歩いている方を見かけますが、サインをしていない状態でカードを利用した場合、万が一、不正利用が発生した場合、補償の対象外になってしまいます。

クレジットカードを他人に貸さない、暗証番号を教えない

クレジットカードは本人の信用情報を元に、カードが発行されています。そのため、たとえ家族や恋人、友人であってもクレジットカードを貸すことはしないようにしましょう。

これもよくありがちな事例で、夫婦で共有してクレジットカードを使っていることを聞きます。クレジットカードを他人に貸したことが発覚した場合、カード規約違反となり、カードの利用停止などの処置が行われる場合があります。

ご存じなかった方も、改めて確認し、今後は行わないようにしましょう。家族で使いたいという場合は家族カードの発行をおすすめします。

当然のことですが、暗証番号を他人に知られてしまうと、不正利用などのリスクがあります。例え、家族や恋人、信頼できる友人であっても暗証番号は絶対に教えないようにしましょう。

また、暗証番号を忘れそうだからといって、カードの裏面に番号を記入する、財布の中に暗証番号を記載したメモを入れておくといったことも絶対にしないようにしましょう。

クレジットカードのショッピング枠をつかって現金化しない

現金
よく街中で、「クレジットカード現金化」と書かれたプラカードを持っている人を見かけます。このプラカード広告の現金化の意味はクレジットカード会社が提供しているキャッシングサービスとは異なり、ショッピング枠をつかって現金化しています。

ショッピング枠を使って、現金化する事は一概には違法であるとは言えませんが、クレジットカード会社の利用規約には違反することになります。

利用規約に違反するとクレジットの利用停止になる場合があります。また、ショッピング枠での現金化は、万が一、自己破産に至った場合など法的な処置が認められないケースがあります。そのため、「急遽金欠で現金が必要だった」という安易な理由で利用しないようにしましょう。

クレジットカードの支払いに遅れない

クレジットカードは信用情報を元にして発行しています。毎月の公共料金などは支払いが遅れれば、督促状が届き、それでも応じない場合は、サービスが止められるだけで済みますが、クレジットカードの場合は、単純にクレジットカードの利用が止められるだけではなく、信用情報機関に登録されてしまいます。

信用情報機関に登録されると、登録されて5年間は自動車ローンや住宅ローンが組めなくなるなど、今後の人生にも大きく影響されてしまいます。


クレジットカードの支払いに送れないためにも、しっかりと返済日は何時なのか確認しましょう。万が一、遅れが発生した場合は、迅速にカード会社に連絡し、すぐに入金手続きを行うようにしましょう。
クレジットカードを安心して利用するためにも、必ず上で記載した基本的なことは絶対に守るようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめのクレカはこちら!

クレジットカードの基本豆知識カテゴリの関連記事