HOME > すべての記事 > クレジットカードの基本豆知識 > 楽天会員向けスマホアプリ「楽天ペイ」を提供開始!

クレジットカードの基本豆知識

楽天会員向けスマホアプリ「楽天ペイ」を提供開始!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天は、2016年10月27により、同社がサービスを開始したモバイル決済サービス「楽天ペイ」のユーザー向けアプリを公開しています。

楽天ペイは、QRコードを利用することでコストがやすいため、クレジットカード決済の導入が厳しい中小事業者の開拓に期待されています。
今回は、ユーザー向けの楽天ペイアプリのポイントを紹介します。

楽天ペイとは?

楽天ペイとは、楽天が中小事業者が経営する飲食店や小売店向けに、スマートフォンのみでクレジットカードが決済できるモバイル決済サービスです。

既存のモバイル決済とは異なり、二次元コードを読み込ませることで決済が可能になるため、レジで直接クレジットカードをやり取りする必要がないことや、専用決済端末が不要でスマートフォンやタブレット端末があれば簡単に導入可能であるため、中小事業者のクレジットカード普及の課題となっていた、専用端末の導入における初期費用が発生しないことなどから、中小事業者のクレジットカード決済を普及させる上で大きな期待となっています。

楽天会員は楽天に登録しているクレジットカードで決済可能

creditcard-zeikin-otoku03
楽天会員が、楽天ペイ加盟店で決済をするにあたって、あらかじめ楽天に登録しているクレジットカードを利用して決済ができるようになります。

会員が自身のスマートフォンに楽天ペイアプリをダウンロードして、楽天のユーザーIDとパスワードを設定すると、すぐに、登録しているクレジットカードと紐付けが行われますので、加盟店ですぐに利用できます。

登録可能なクレジットカードは、楽天カード全てとVISAもしくはMastercardブランドのクレジットカードが登録可能です。

支払い方法は「QRペイ」と「セルフペイ」の2つが選択できる

楽天ペイで利用できる決済方法としては、基本的にはQRコードを店頭のスマートフォンもしくはタブレット端末で読み取って決済する「QRペイ」になりますが、ご自身で金額を入力して支払うことができる「セルフペイ」も利用できます。

セルフペイを利用する場合は、「楽天ペイアプリ」より、セルフペイのタブをい選択後、お支払を行う店舗を選択し、金額を入力して支払う流れとなります。

楽天ポイントを組み合わせた決済も可能

楽天ペイは、楽天市場などのインターネットで買い物をした際に貯まった楽天ポイント、楽天ポイントに加盟している実店舗で貯めたポイントを、楽天ペイで決済する際に利用することができます。

楽天ポイント1ポイントあたり1円相当として利用可能で、楽天ペイを利用して支払う際に、「ポイントを利用する」ボタンを押下して、利用するポイント数を指定すると、ポイントを差し引いた金額で支払いが可能になります。

また、楽天ペイで決済した際にも200円につき1ポイントのポイントが付与されます。
さらに、楽天ペイを利用した際に付与されるポイントと合わせてクレジットカードで決済した際に付与されるクレジットポイントも付与されるため、ポイント二重取りも可能となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめのクレカはこちら!

クレジットカードの基本豆知識カテゴリの関連記事