HOME > すべての記事 > クレジットカードの基本豆知識 > 楽天が中小の飲食・小売店向けにスマホ決済「楽天ペイ」を新たに提供!

クレジットカードの基本豆知識

楽天が中小の飲食・小売店向けにスマホ決済「楽天ペイ」を新たに提供!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天は、中小の飲食店や小売店向けに、スマートフォンのみでクレジットカード決済ができる「楽天ペイ」を新たに開始することを明らかにしました。サービス導入時期は早くて2016年秋ごろを予定しています。
画像出典:https://pay.rakuten.co.jp/index_pc.html#/app

二次元コードを使った簡便な決済方式で直接カードのやり取りは不要

今回楽天が手掛けるスマホ決済は、今までにあった電子マネーやモバイル端末に外付してカード決済機能を提供するサービスとは異なり、来店客のスマートフォンに提示された二次元コードを店舗側がスマートフォンで読み込むことで決済が完結します。

来店客は、あらかじめ、楽天に会員登録をしておき、利用するクレジットカードを登録しておけば、スマホ決済専用アプリ「楽天ペイ」に表示された二次元コードを加盟店側に差し出すだけで決済が完結できるため、直接お店とクレジットカードのやり取りが不要になります。

また、二次元コード以外に、取引内容に応じた伝票番号や請求額をスマホで入力して送信して決済を行う機能なども備えており、あらゆる場面での決済が可能となります。また、来店客があらかじめ登録したクレジットカード以外にも、保有している楽天ポイントによる支払いが可能になる方針です。

二次元コードを利用したスマホ決済サービスは、中国の「支付宝(アリペイ)」が導入しており、簡便な決済方法でありながら、クレジットカードの直接やり取りが不要なため、安全面においても大変優れた決済手段として急速に利用者が増えています。

店舗側は新たに専用端末の導入が不要で投資負担なく気軽にカード決済が導入可能!

楽天ペイ2
出典:https://pay.rakuten.co.jp/index_pc.html#/app

新たに「楽天ペイ」を導入する店舗は、あらかじめ、スマートフォンもしくはタブレット端末があれば、間接的にカード決済が導入可能になるため、従来のクレジットカード決済を導入するために専用決済端末の設置が不要で、スマートフォンもしくはタブレット端末に専用アプリをダウンロードして、IDなどの簡単な設定を行うだけですので、大きな投資負担を減らすことが出来ます。

また、カード決済端末を導入する初期費用などのコストが大幅に削減できます。そのため、今までクレジットカード決済の導入を躊躇っていた、中小の飲食店や小売店にとっては、気軽にカード決済が導入できるメリットがあります。加盟店はクレジットカード決済に応じた手数料の一部を支払います。

カード決済の導入が困難な中小飲食・小売店を開拓

楽天はモバイル決済サービスとして「楽天スマートペイ」のサービスを導入していましたが、こちらはクレジットカード本体を直接店舗側とやり取りする必要があるため、暗証番号入力用の小型端末が必要でした。

今回のスマホ決済である「楽天ペイ」では、クレジットカードの直接のやり取りを行わないために、顧客のカード情報の取り扱いににおける心配やカード決済に対して予算を投じることが困難に感じている中小の飲食店や小売店を開拓していく方針です。

日本国内では、クレジットカードの決済導入にあたり初期投資や手数料の問題などから、中小の店舗でのカード決済が導入されてないことが多く、開拓余地が残されているのに加え、キャッシュレス決済を普及させる上での課題となっていましたが、今回の「楽天ペイ」のサービス開始で、中小店舗をどれ位開拓できるのか注目したいところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめのクレカはこちら!

クレジットカードの基本豆知識カテゴリの関連記事