HOME > すべての記事 > クレジットカードの基本豆知識 > 海外での支払いにクレジットカードを使うメリットとデメリット

クレジットカードの基本豆知識

海外での支払いにクレジットカードを使うメリットとデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外ではクレジットカードの決済が便利ではあります。今回は客観的な視点で、海外でクレジットカード決済を行う上でのメリットとデメリットをまとめて紹介します。

海外旅行中にカードを使うメリット

両替の手間が省ける

海外でクレジットカードを使う大きなメリットとして大きいのは、日本円を現地通貨に両替する手間が大きく省ける点です。ご自身のクレジットカードに記載されているカードブランドと同じロゴのスティッカー店頭に掲げている加盟店であれば、基本的にクレジットカード決済ができます。

現地の消費税が免除される

現地で食事や買い物をした際に、日本同様に消費税が通常加算されますが、クレジットカードの支払いであれば自動的に現地の消費税を引いた金額が請求されます。そのため、帰国後クレジットカードの利用明細を確認した所、「思ったより金額が安かった」ということもよくあります。

盗難や紛失時は直ぐにカードを停止できる

海外は日本とは異なり、スリや盗難などのリスクが高まります。

例えば現金が入った財布が盗難にあった場合、その財布に入っていた現金は取り戻すことはほぼ不可能ですが、クレジットカードの場合は直ぐにクレジットカード会社に電話をしてクレジットカードの利用を止めることができますので、現金に比べるとリスクが大幅に軽減されます。

また、クレジットカード会社によっては海外の主要都市に「サポートデスク」を設けている会社も多く、盗難や紛失後、その場で仮カードを発行することが可能な場合もあります。

ショッピング保険が適用可能(一部カード)

クレジットカードにショッピング保険が付帯している場合、現地で購入した商品に対してカード会社が定めた期間に盗難や破損に合った場合は、その損を保証してもらえます。現金で支払った後、盗難や破損があった場合はそれまでですが、ショッピング保険付きのクレジットカードであれば、付帯保険の恩恵を十分に受けられます。ショッピング保険についての詳細は以下記事で記載しておりますので合わせてご覧頂ければ幸いです。

>>> 現金より安心!クレジットカードのショッピング保険まとめ

海外旅行中にカードを使うデメリット

スキミング被害にある可能性がある

海外でクレジットカードを使う際に一番高いリスクとしては、スキミング被害に合う可能性が高いということです。

例えば、店頭での支払い時に店員がレジの奥にご自身のクレジットカードを持って行ってしまい、決済処理を行っているかのように見せかけ、カード情報を収集していたということも考えられます。

基本的に欧州ではIC決済が主流であるため、店員にクレジットカードを渡すということはありませんが、アジアなど多くの国では店員にカードを提示した後に決済をしてもらう方法が多いです。決済処理に時間を要している場合スキミングを疑ってもおかしくありません。

金額をごまかして請求される

こちらもスキミングと通ずる部分があるのですが、金額の桁数をわざと増やして請求するという悪質な行為を働かせるお店も少なからず存在します。こちらは、決済時に金額をしっかりと確認することで回避することが可能ですので、必ず利用明細を確認し暗証番号入力もしくはサインを行いましょう。

決済時にカード決済エラーになる場合がある

アジアなどを旅行している時によくあるのですが、決済時にエラーになってカード決済が出来ないことです。

決済エラーは多くの原因が考えられますが、多くの場合は通信回線が不安定により、カード会社と加盟店との間で情報がやりとりできていないパターンが考えられます。その際は、仕方なく現金決済に切り替えるなど、スマートなカード決済が逆に手間取ってしまうことになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめのクレカはこちら!

クレジットカードの基本豆知識カテゴリの関連記事