HOME > すべての記事 > クレジットカードの基本豆知識 > クレジットカードの滞納をするとどうなるの?実はこうなります

クレジットカードの基本豆知識

クレジットカードの滞納をするとどうなるの?実はこうなります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードはとっても便利ですが、作れるのかな?と不安を感じてしまう事だってあるでしょう。そんな時にクレジットカードを作る事ができたとしたら、とっても嬉しくなって使いすぎてしまうかもしれませんよね。

それでも引き落としの時に銀行の口座にお金が入っていれば問題はありません。でもつい入ってると思ってうっかりとしてしまう事ってありますよね。引き落としができないと滞納してしまった事になります。

もしも滞納してしまったらどんな事が起こるのか知りたくありませんか?今回はクレジットカードの滞納と、滞納するとどうなるのかについてをご紹介いたします。

クレジットカードの滞納の原因

tainou01

クレジットカードを使ってショッピングなどを楽しむのはいいのですが、毎月の支払日には締め日に計算された請求金額を、あらかじめ登録していた銀行口座から引き落としをされる事になります。

つまり銀行口座には引き落としの金額以上のお金が入っていないと引き落としができない事になるわけです。引き落としができないとなると、滞納する気はなくても滞納したという形で処理されてしまうわけです。

もしも引き落としができなかったら?

tainou02

万が一クレジットカードの引き落としまでに、銀行口座への入金が間に合わなかった場合には、引き落としができなかった事が書面などで連絡されます。

この時、振込用紙などが送付されていればその用紙を使って銀行やコンビニエンスストアなどから入金をする事になります。または振替で引き落としができる事が多いので、再度引き落としをされる事になります。

次の引き落としの前に銀行口座に入金をしておくべきなのです。

滞納は何回したらまずいのか?

tainou03

たった一度くらいの滞納でもすぐに払ったのだから、自分の信用問題にはならないだろうと思われるかもしれませんが、クレジットカードの信用というのは一度でも引き落としができないと大変な事になります。

滞納をしたという情報はすぐに個人情報として登録されてしまいます。そして繰り返し滞納をするようになると、クレジットカードの更新ができなくなってしまいます。

なので絶対にクレジットカードの支払いは滞納してはいけないのです。

滞納をし続けてしまったらどうなるのか

tainou04

中にはクレジットカードの使い方が荒く、自分の支払い能力を超えた使い方をしてしまう事もあるでしょう。そうなってしまったら大変な事になってしまうのです。

クレジットカードは当然ですが強制的に解約させられてしまいます。そして滞納した状態のままだと裁判となって社会的な信用を落としてしまう事にもなってしまうのです。

信用を失わないためにも滞納はダメ!

tainou05

クレジットカードは便利なのでつい使いすぎてしまう事だってあるでしょう。ですがもしも滞納を繰り返してしまうと、クレジットカードの更新ができなかったり強制的に解約になってしまったりします。

そうならないようにするためにも、毎月いくら自分が支払う事ができるのかなどを、しっかりと計算しながら計画的に使う必要があるのです。

一度失ってしまった信用を回復するのは大変な事です。失って初めてしっかりと払っておけば良かった。使い方が間違っていたと反省しても遅いので、くれぐれも滞納をしないようにクレジットカードを使いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめのクレカはこちら!

クレジットカードの基本豆知識カテゴリの関連記事