HOME > すべての記事 > クレジットカードの基本豆知識 > スーパーホワイトって何?クレジットカードは作れるのか?

クレジットカードの基本豆知識

スーパーホワイトって何?クレジットカードは作れるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんクレジットカードの事を調べたりした時に、「スーパーホワイト」という言葉を聞いた事がありませんか?

多分見かけた事があってもその意味までわかるという方はあまりいないかもしれませんね。そこで今回はスーパーホワイトという言葉の意味をお話します。

それともう一つ!スーパーホワイトはクレジットカードを作る事ができるのかについてもお話してみましょう。

スーパーホワイトって何?

white04

クレジットカードを作ろうかな?なんて思って色々と調べてみたら、何となく見かけた事がある「スーパーホワイト」という言葉。

皆さんあれどういう意味なのかご存知でしたか?実はあれクレジットカードを使った事がない人の事を言うのだそうです。

つまりクレジットカードを作るのを嫌って、現金売買だけで生活をしてきた人の事をスーパーホワイトと言ったりホワイトと言ったりするのですね。

つまり一度もクレジットカードを作った事がない人の事を、クレジットカード会社の人がそう呼んでいるのだそうです。

実はホワイトとスーパーホワイトは意味が違う

white03

クレジットカード会社にお勤めになった事があればわかると思うのですが、ホワイトというのは金融事故を起こした事があって債務整理をした過去がある方。

その方が5年以上経過して金融事故情報が消されてしまった人の事を「ホワイト」と言うのだそうです。なるほどですよね。

つまりクレジットカード会社はその人の信用情報を見ても、ホワイト(真っ白な状態)であるために再びクレジットカードを発行するというわけですね。

内容が違っていてもやっぱり意味が違う!

クレジットカード会社ではホワイトとスーパーホワイトをしっかりと区分けしていると言います。(見分けがつかないという方も多いらしいです。)

つまり個人情報がキレイになっても一度ブラックになった人と、一度もクレジットカードを作った事がない人では意味が違うというわけですね。

ふと思いませんか?どちらが良いのか。クレジットカードを作った事がない人はこれから問題が起こるかもしれませんよね。

でも一度ブラックになった人でも改心して二度と間違いは繰り返さないかもしれないじゃないですか!

この判断についてはクレジットカード会社の考え方ひとつですよね。でもどちらにしてもホワイトもスーパーホワイトでも信用は0だそうな。

だから審査に落ちやすい

white02

クレジットヒストリーが無いと信用されにくいのは事実です。つまりクレジットカードが作りにくいという事になるのですね。

そこでクレジットカードを作りたいと思う人は、クレジットカードが作れるような信用を得ればいいわけです。

そのために皆がやっている事が携帯電話のクレジットヒストリーです。半年でもいいのでクレジットのヒストリーを作れば信用されやすくなります。

ホワイトでもスーパーホワイトでも同じです。頑張ってクレジットカードが作れるようにしてみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめのクレカはこちら!

クレジットカードの基本豆知識カテゴリの関連記事