HOME > すべての記事 > ガソリン・ショッピングなど生活に便利なクレジットカード > ANA VISA SuicaカードでANAマイル還元率1.3%を実現する方法

ガソリン・ショッピングなど生活に便利なクレジットカード

ANA VISA SuicaカードでANAマイル還元率1.3%を実現する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ANA VISA SuicaはANAマイラーの中で人気が高いクレジットカードの一つです。Suicaのチャージでマイルが付与されるのに加え、ちょっとした裏技を使うことで、ANAカードの中で最大還元率1.3%が実現できるのが人気の理由です。今回はANAマイル1.3%にする方法を紹介します。

 

マイ・ペイすリボに登録する

ANA VISA Suicaは、三井住友カードの「マイ・ペイすリボ」に登録することです。マイ・ペイすリボはリボ払い方式のことで、後述するポイント2倍や年会費で大きな優遇を受けることが出来るのです。

anavisa002

リボ払いとは、ご自身が予め決めた金額を毎月一定額で支払うことです。多くの方が使われている一括払いの場合、先月10万円クレジットカードで利用した場合は翌請求月に10万円支払いますが、リボ払いは最低支払額を2万円と設定した状態で10万円支払った場合、5ヶ月にわたって毎月2万円を支払っていきます。それに加え、リボ払いでは金利手数料が上乗せして加算されます。ただし、リボ払いは使い方を間違えると高額な金利手数料が上乗せされていたということになりますので注意が必要です。

マイ・ペイすリボに登録し、年に1回以上のリボ払いの利用で、ANA VISA Suicaの場合、年会費が750円(税抜)と大変お得に使えるというメリットがあります。通常年会費は2,000円(税抜)を考えると半額以下の年会費で利用できます。

ワールドプレゼントポイントの移行コース「10マイルコース」を選択

まず、ANA VISA Suicaの場合、クレジットポイントは三井住友カードの「ワールドプレゼントポイント」として1,000円につき1ポイントとして付与されます。このワールドプレゼントポイント1ポイントあたり10マイルに交換できる「10マイルコース」と1ポイントあたり5マイルに交換できる「5マイルコース」の2つがあります。

10マイルコースの場合、移行手数料として6,000円(税抜)が発生しますが、自動移行と手動移行の2つのマイル移行方式が選択可能で、手動移行の場合、自分が好きなタイミングでマイルへ移行することができますので、2年に1度移行すると移行手数料は年間3,000円から利用できます。5マイルコースに限り移行手数料が無料です。

マイル還元率を1.3%にするためには、「10マイルコース」を選択します。10マイルコースを選択すると1,000円につき10マイル貯まります。

マイ・ペイすリボを利用すると1ポイントあたり3マイルを加算

マイ・ペイすリボに登録に加え、年1回以上リボ払いを利用すると年会費が割引になるだけではなく、ワールドプレゼントポイントが2倍付与されます。通常では1,000円利用した場合は1ポイント付与されますが、マイ・ペイすリボを利用した場合、通常利用分と合わせて2ポイント付与されます。

ただし、最終的に航空マイルに交換した際、通常利用分の1ポイントについては10マイルコースが適用でき、1,000円利用した場合「10マイル」獲得できますが、マイ・ペイすリボで付与された残りの1ポイントについては「3マイル」となります。従って、1,000円利用した場合、通常利用分10マイル、マイ・ペイすリボで3マイル、合計で「13マイル」獲得できます。

繰り上げ返済を利用して金利手数料を抑える

マイ・ペイすリボを利用すると、マイルの還元率が1.3%になるのに加え、年会費も安く抑えることができますので大変魅力的ですが、やはりリボ払いについては多くの方が後から加算される金利手数料の請求が高額になるリスクを懸念してしまいます。しかし、「繰上げ返済」を利用することで金利手数料を安く抑えることが出来るのです。

例えば、マイ・ペイすリボの最低支払額を10万円に設定していたと想定し、実際のクレジットカードの利用額が15万円とすると、初回に支払う金額は10万円で、次回は残りの5万円を支払うことになります。三井住友カードの場合、初回に限り金利手数料は無料で2回目から金利手数料が加算されることから、残りの5万円に対して金利手数料が発生します。

2回目に支払う5万円に対して金利手数料を安く抑えるには、繰上げ返済額として49,500円を支払い、残りの500円に対して金利手数料を支払う様にすると手数料を大幅に安く抑えることができます。ポイントが2倍になる条件としてはリボ払いで金利手数料を支払うことになりますので、間違っても5万円全額支払うと一括払いと同等な扱いとなり、ポイント2倍の対象外となってしまいますので注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめのクレカはこちら!

ガソリン・ショッピングなど生活に便利なクレジットカードカテゴリの関連記事