HOME > すべての記事 > ガソリン・ショッピングなど生活に便利なクレジットカード > ANA VISA SuicaとJALカードSuicaの違いとは?

ガソリン・ショッピングなど生活に便利なクレジットカード

ANA VISA SuicaとJALカードSuicaの違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ANA VISA SuicaJALカードSuicaは、両者共にIC乗車券として利用できるSuicaを搭載したクレジットカードです。両者は似たような性格を持つクレジットカードではありまずが、若干の利用できるサービスに違いがあります。

 

VIEWカードの発行元が異なる

ANA VISA SuicaとJALカードSuicaはJR東日本が提供しているIC乗車券である「Suica」を搭載するにあたり、JR東日本グループのクレジットカード会社である株式会社ビューカードのナショナルブランド「VIEW」ブランドも合わせて券面に記載されています。この「VIEW」ブランドを搭載しているクレジットカードは大きく2種類に分けられ「Type1」と「Type2」に分けられます。

Type1は「VIEWカード」として株式会社ビューカードが直接発行したカードで、「JALカードSuica」は「Type1」に該当します。一方、Type2は株式会社ビューカード以外の提携先カード会社に「VIEW」ブランドを提供して発行されたカードで、「ANA VISA Suica」は株式会社ビューカードが三井住友カードと提携して発行されているカードになりますので「Type2」に該当します。

ANA VISA Suicaでは利用サービスに一部制限がある

VIEWカードにはType1とType2の2種類存在することをお伝えいたしましたが、両者はVIEWカードからSuicaにクレジットチャージ可能など基本的な機能としての違いはありません。しかしながら、「ANA VISA Suica」が該当する「Type2」は一部利用できるサービスに制限があります。

JR東日本が運行する列車の切符を購入する際に、JALカードSuicaを始めとする「Type1」のVIEWカードについては分割払いやリボ払い、ボーナス一括払いの指定が可能ですが、「ANA VISA Suica」の場合1回払いとなっています。筆者もJR東日本の予約サイト「えきねっと」で列車を予約して乗る機会が多いのですが、生憎、現在所有しているVIEWカードが「ANA VISA Suica」であるため、分割払いができず出張が重なった場合はType1の「JALカードSuica」が羨ましく感じる限りです。

付与されるクレジットポイントが異なる

suica003
Type1とType2ではポイントサービスが大きく異なります。Type1は「ビューサンクスポイント」が付与されます。一方、Type2の場合は提携先のクレジットポイントが付与されます。

JALカードSuicaの場合Type1に該当しますので、JR東日本でSuicaチャージ、切符、定期券購入では1,000円につき6ポイントの「ビューサンクスポイント」、それ以外の加盟店で利用した場合は200円につき1マイル、特約店の場合は200円につき2マイルの「JALマイル」が付与されます。一方、Type2に該当する「ANA VISA Suica」の場合、三井住友カードの「ワールドプレゼントポイント」として1000円につき1ポイント(5マイル相当)付与されます。

最終的な航空マイルへの還元率は同じ

JALカードSuicaの場合は「ビューサンクスポイント」をJALマイルに移行、もしくは、カードの利用額に応じて「JALマイル」が直接たまります。一方、ANA VISA Suicaの場合は三井住友カードの「ワールドプレゼントポイント」を「ANAマイル」に移行させます。

両者ともに、最終的にマイルに換算すると両者とも還元率としては0.5%になります。更に、効率よくマイルを貯めるには、JALカードSuicaは手数料3,000円(税抜)を毎年支払い「ショッピングマイル・プレミアム」に入会、ANAカードSuicaは手数料6000円(税抜)支払い「10マイルコース」に入会すると還元率1%実現できます。ANAカードSuicaは自動移行と手動移行の2つの移行方法から選択可能で、2年に1度の交換であれば、実質JALカードSuicaの「ショッピングマイル・プレミアム」と同等の手数料でマイルに交換することが出来ます。

JALカードSuicaの利用で貯まったビューサンクスポイントからJALマイルへ交換する際のレートについても整合性はしっかりと担保されています。「ビューサンクスポイント」6ポイントを「JALマイル」に換算すると5マイル、「ショッピングマイル・プレミアム」に加入していた場合はプログラム内容も引き継がれ「10マイル」となります。


両者ともに、最終的にマイルへ移行することを考えると還元率としては大きな違いがありません。ただし、JR東日本のサービス利用においては株式会社ビューカードが直接発行しているJALカードSuicaが優遇されていると言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめのクレカはこちら!

ガソリン・ショッピングなど生活に便利なクレジットカードカテゴリの関連記事