HOME > すべての記事 > ガソリン・ショッピングなど生活に便利なクレジットカード > とってもお得! クレジットカードで学資保険!

ガソリン・ショッピングなど生活に便利なクレジットカード

とってもお得! クレジットカードで学資保険!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険同様にお子さんのいらっしゃるご家庭では『学資保険』にも加入しているものですね。加入している学資保険にもよりますが、毎年払っている保険料は結構な出費になりますよね。

同じ出費ならばお得な出費に変えてみませんか? 実は学資保険の中にはクレジットカードで支払いができるものもあるのです。

今回はクレジットカードで支払う事ができる学資保険をいくつかご紹介いたしましょう。

その前に! 学資保険とは?

creditcard-gakushihoken02

子供の教育ってお金がかかりますよね。最近では幼稚園からお受験をするお子さんも多く、少しでもいい幼稚園、少しでもいい学校に通わせる事が親としての役目だと感じているご両親も多いのです。

それもそのはず! しっかりとした教育を受けさせてあげようとすると、やはりお金がかかってしまうものなのです。

そのため、お子さん一人が大学を卒業して就職するまでの間、もっともお金がかかるのが学費という事になるわけです! そこで登場したのが『学資保険』です。

学資保険はお子さんの教育費の補助をするために作られた保険で、保険料を支払い続ける事によって設定された年齢になると、まとまったお金を受け取る事ができる学費救済のための保険なのです。

加入する年齢は0歳から! 最も特徴的なのは幼稚園の時期、小学校入学の時、中学校に入学する時、高校に入学する時、そして大学に入学する時の数回にわたって教育補助金が出る事ですね。

その他にも、保険料の支払いをしている親が死亡した場合には、のちの保険料の支払いは免除になったり、一時金が出たりするものも多くあります。

加入する保険によっては契約者が死亡した場合、保険料の支払い免除プラスその後の給付金がそのまま継続して出る保険もあるので、どの学資保険に加入するかはじっくりと検討するといいでしょう。

ではクレジットカード払いができる学資保険をいくつかご紹介していきます。

アフラック「夢見るこどもの学資保険」

creditcard-gakushihoken03

なんとなくがん保険のイメージが強いアフラックですが、実は学資保険など他の保険も充実しているのが特徴です。

進学する時期に合わせて一時金や学資年金という形でまとまったお金を受け取る事ができる保険で、高校入学する時に一時金が支払われるので、大学への学費の補助などに使うといいでしょう。

さらに大学に入学した後は4年間学資保険を受け取る事が可能です。一般的には0歳から加入できるのが学資保険ですが、出産予定日の140日前から申し込みは可能です。

もちろん契約者が死亡したり後遺症障害が起こった場合には、保険料の支払いは免除となります。その後の一時金はもちろん受け取ることができます。

使えるクレジットカードはVISA、MastarCard、JCB、アメリカン・エキスプレス・カードです。月払いでも半年払いでも年払いでもクレジットカードが使えるおすすめの学資保険です。

三井住友海上あいおい生命「&LIFEこども保険」

creditcard-gakushihoken04

0歳~3歳までに契約をすると小学校入学からお祝い金としてまとまったお金が戻ってきます。その後は中学校入学、高校入学、そして18歳の時にまとまったお金が戻ってくる保険です。

もしも契約者が死亡したり後遺症障害(高機能後遺症)が残った場合には、養育年金の支払いはもちろんですが、その後の保険料の支払いも免除となります。

子供の怪我や病気などにもしっかりと対応しているので、普通の保険としても十分に機能するはずです。

使えるクレジットカードはVISA、MastarCard、JCB、アメリカン・エキスプレス・カードです。月払い、半年払い、年払いでも対応していますが、1契約につき保険料が10万円以下となっています。

なので1年払いで10万円を上回る場合には半年払いか月払いで契約をする必要があります。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「こども保険」

creditcard-gakushihoken05

小学校、中学校、高校、大学、成人と5回にわたってお祝い金が出るのが特徴です。成人? と疑問に思うかもしれませんが、成人式は一世一代の晴れ舞台ですから、まとまったお金がある方がうれしいですよね。

もちろん契約者やお子さんに何かがあった場合には、保険料の支払いは必要ありません。お祝い金は予定通りに戻ってくる仕組みです。

お子さんのケガや病気による入院などにも対応しているので安心して保険として加入する事ができます。こちらも1回払いの支払い金額が10万円以下の場合となっています。

使えるクレジットカードはVISA、MastarCard、JCB、アメリカン・エキスプレス・カード、ダイナース、UC、セゾン、セディナ、CFカード、OMC、イオン、MUFGCARD、DCカード、UFJCard、NICOS、Orico、JACCS、楽天、TS3です。

他の学資保険は未対応か初回のみ!

生命保険同様に、学資保険も月払いに対応しているのは今回ご紹介した3つでした。住友生命にもあるのですが、通信販売の月払いプランのみが対応しているので今回はご紹介はしませんでした。

数多く有名な保険会社があるにもかかわらず、いまだに月払いや半年払いにも対応している保険会社が少ないのは事実です。

だからこそクレジットカード払いを上手に使って、お得にポイントを貯めていくチャンスなのかもしれませんね。いずれの保険会社の学資保険も補償は素晴らしいものです。

もしもこれから学資保険に加入する事を検討しているのなら、お得にクレジットカード払いができる学資保険を検討してみるのもいいでしょう。

お子さんの将来のための教育にかかる費用だからお得じゃなくても仕方がないなんて思わずに、これからはどんどん得しながらお子さんにお金をかけてみてはどうでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめのクレカはこちら!

ガソリン・ショッピングなど生活に便利なクレジットカードカテゴリの関連記事