HOME > すべての記事 > ガソリン・ショッピングなど生活に便利なクレジットカード > ネットショップで使えるPaypalにクレジットカードを登録するのは危険?

ガソリン・ショッピングなど生活に便利なクレジットカード

ネットショップで使えるPaypalにクレジットカードを登録するのは危険?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットショップなどで使えるPaypalは、クレジットカードやデビットカードなどを登録する事によって、簡単にショッピングなどの決済ができるのでとても便利で世界中で使われている方法です。

ところで、このPaypalですが、利用するクレジットカードの番号などの情報を入力しなくては使う事ができません。だからこそ本当に不安はないのかと思うものですよね。

そこで今回はPaypalを使う事に不安はないのか?危険はないのかについてをできるだけ詳しくお話ししたいと思います。

Paypalとはいったいどんなものなのか?

Paypalというのは世界で一番有名なオンライン決済代行サービスの事を言います。日本では使えるところがあまりまだ無いかもしれませんが、世界では簡単に決済ができるとして利用され続けています。

ネットショップの運営をしている方々にも、決済方法の一つとして導入される事が多くなっています。

メリットとしては、クレジットカードの情報をネットショップに登録したりしないので、クレジットカードの情報を守るという意味では安全性が高いと言えます。

そのため、世界中でこの決済方法が選ばれているというわけです。他にも世界中で使われているクレジットカードが使えるので、利用者も利用しやすいのです。

Paypalで事件や犯罪はないのか?

とても安全だと言われているPaypalですが、全く犯罪が無いとは言えないのが現実です。とてもセキュリティが高いはずなのに、なりすましをする頭のいい犯罪者がいるのです。

その都度対策をしていても、その対策を破って悪い事をする人がいるのは事実なのです。これはクレジットカードでも他の決済方法でも同じことでしょう。

それと、問題点はまだあります。例えば決済を下時に支払いにタイムラグが出る事があるので、それがもとでキャンセルになる可能性もあるようです。

まだまだ日本では浸透していない決済方法なので、これから浸透していくまではもう少し時間がかかりそうです。

クレジットカードの情報漏洩が怖いならおすすめ

危険度についてはクレジットカードやキャッシュカードなどの犯罪よりもずっと少ないと言えます。

なので取り立ててPaypalだけが危険だ危険だという必要はないでしょう。支払い方法としてはとても便利で、これからも使えるところが増えていきます。

また、Paypalは海外送金を行う時に使うと便利なので、海外で暮らしている家族などに送金をする時に利用してみるといいでしょう。

何でもそうですが、メリットとデメリットの両方があるので、どちらもよく承知して利用をするといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめのクレカはこちら!

ガソリン・ショッピングなど生活に便利なクレジットカードカテゴリの関連記事