HOME > すべての記事 > ガソリン・ショッピングなど生活に便利なクレジットカード > JALに搭乗するとPontaポイント自動でたまる「Pontaコース」が新登場!

ガソリン・ショッピングなど生活に便利なクレジットカード

JALに搭乗するとPontaポイント自動でたまる「Pontaコース」が新登場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JALマイレージクラブ会員を対象に2016年4月1日より、搭乗ごとに従来のJALマイルの付与に加え、共通ポイントサービスである「Pontaポイント」へ自動的に付与する「Pontaコース」が追加されました。

JALマイレージクラブ会員は「マイルコース」と「Pontaコース」が選択できる

JALマイレージクラブ会員であれば、「マイルコース」と「Pontaコース」の2つから選択できます。

飛行機の利用頻度が高い場合は「マイルコース」、飛行機の利用頻度が低い場合は「Pontaコース」を選択することで、それぞれのライフスタイルに応じた設定ができます。

飛行機の搭乗で、共通ポイントへ直接付与するサービスは業界では初めてで、若い方を中心にポイントを積極的に利用する反面、飛行機の利用頻度が低い方にとっては大変使い勝手がよいサービスといえます。

「Pontaコース」を選択するとマイルの半分のポイントが加算

ponta
「Pontaコース」を選択することで、JALマイルの半分が「Pontaポイント」として加算されます。

例えば、東京から札幌間を普通運賃で登場した場合、往復で1020マイルが加算されますが、Pontaポイントとして加算する場合、510ポイントが加算されます。

ポイントの加算日は、飛行機の搭乗があった3~7日後に自動的に加算されます。さらに、「JMB FLY ONプログラム」などのボーナスマイルやクレジットカードの「JALカード」の利用においても、自動的に「Pontaポイント」として自動的に付与されます。

「マイルコース」と「Pontaコース」はいつでも切り替えができる

マイルコースとPontaコースは、ライフスタイルの変化に応じて、いつでも切り替えることができます。

例えば、部署異動などで出張が増え飛行機に乗る機会が増えたので「Pontaコース」から「マイルコース」に変更する、仕事で上京していたが、地元札幌に戻り飛行機の利用頻度が減ったので「マイルコース」から「Pontaコース」に変更できます。

Pontaコースへの登録は、JALホームページ上でログインを行い、Pontaの会員番号を入力するだけで簡単に切り替えることができます。

「Pontaコース」で端数を無駄なく使うことができる

もともと、「JALマイル」と「Pontaポイント」は相互交換が可能でしたが、JALマイルからPontaに交換する場合、1000マイル単位からの交換であるため、端数が生じつことがありました。しかしながら、「Pontaコース」が新たに登場したことで、自動的にPontaに交換し、街中の買い物や食事などで、少額からポイントを使うことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめのクレカはこちら!

ガソリン・ショッピングなど生活に便利なクレジットカードカテゴリの関連記事