HOME > すべての記事 > ガソリン・ショッピングなど生活に便利なクレジットカード > 東邦銀行、JCBブランドの「東邦Alwaysデビットカード」をリリース

ガソリン・ショッピングなど生活に便利なクレジットカード

東邦銀行、JCBブランドの「東邦Alwaysデビットカード」をリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東邦銀行(福島県福島市)は、JCBブランドを採用したデビットカード「東邦Alwaysデビットカード」を2016年6月より提供することを明らかにしました。

JCBブランドを採用したデビットカードは、楽天銀行、北洋銀行、大垣共立銀行、千葉銀行に続いて5行目で、地方銀行を中心にJCBブランドを採用したデビットカードの発行が相次いでいます。
画像出典:http://www.tohobank.co.jp/kojin/use/always/debit/index.html

東北地方の金融機関としては初のJCBブランドのデビットカード

東邦銀行は、東北地方の地方銀行では初となるJCBブランドを採用したデビットカードです。

国内外約2800の加盟店で支払いに利用できます。
支払い時はクレジットカードとは異なり、銀行口座より即時引落となりますので、口座の残高内で計画的な利用ができます。
即時引落のため、クレジットカードの様に審査が不要であり、原則15歳以上(中学生除く)であれば、申し込みができます。

また、JCBまたはCirrusに対応した海外ATMで現地通貨での出金ができます。
現金を現地通貨に両替する手間を省けるため、今後の利用拡大が見込まれます。

一般カードとゴールドカードの2種類を発行

一般とゴールド
出典:http://www.tohobank.co.jp/kojin/use/always/debit/index.html

東邦Alwaysデビットカードは一般カードとゴールドカードの2種類が発行されます。

一般カードは、年会費として初年度無料で2年目以降は1250円の負担が必要になります。
22歳以下の場合は年間利用額10万円以上、もしくは、携帯電話決済の条件を満たすことで2年目以降も年会費が無料で利用できます。
一方で、ゴールドカードは、20歳以上を対象に提供され、年会費として1万円で提供されます。

デビットカードという性格上、年会費が発生することは少々デメリットにもなり得ますが、年会費を支払うに値する付帯サービスが受けられるものと思われます。

それに伴い、地方の人口減などにより、地方銀行の経営の見直しが迫られる中、デビットカードの発行によって、利用者の金融取引頻度を上げる他、付加価値を提供することで顧客の囲い込み、地方銀行の長期的な経営に繋げる狙いがありそうです。

JCBのポイント特典「OkiDokiポイント」プログラムが適用可能

デビットカードを利用して支払うことで、利用額に応じて「OkiDokiポイント」が付与されます。還元率としては1000円ごとに1ポイント付与されます。

クレジットカードに比べると、還元率が低い点が気になりますが、地方銀行のデメリットであった、時間外手数料やコンビニATM手数料、各種金融取引における手数料の優遇策が発表されることに期待したいところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめのクレカはこちら!

生活に便利カテゴリの関連記事