HOME > すべての記事 > 海外のカード事情 > クレジットカードとスマホで本格的なキャッシュレス時代がやってくる?

海外のカード事情

クレジットカードとスマホで本格的なキャッシュレス時代がやってくる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大きなパスポートサイズの携帯電話があった昔、何十年か先の未来にスマホが出てくるなんて思いもしなかった事でしょう。

そんなスマホを持っている人が多くなった現代では、スマホ決済をするようになった人が続出していて、お財布の中にはポイントカードとクレジットカードと電子マネーしか持っていないという人も多くなりましたね。

そこで今回は、クレジットカードとスマホと電子マネーでキャッシュレスとなりつつある、生活の激変についてお話ししたいと思います。

世界はすでにキャッシュレスな時代に突入している?

creditcard-smaho02

何度かヨーロッパ各国のクレジットカード事情についてお話しをしましたが、最近になってヨーロッパでも特別キャッシュレスに近い国、スウェーデンではさらにキャッシュレス化が進んでいるそうです。

驚く事に、スウェーデンの学生などは現金を触ったことが無いという人がいるくらいなのだそうで、特にスマホの利用をするようになってからは、現金を完全に持ち歩かなくなったのだそうですね。

だからでしょうか、スウェーデンでは募金活動を行う時にはカードリーダーを持って募金活動を行うのだそうです。

つまり、募金もクレジットカードでピッとしてしまうという事! 逆に言うとカードリーダーを持っていると言われると、募金も逃げられなくなるのだそうです。

確かにそうかもしれませんが、募金は以前よりも集まりやすくなったのだとか……。

クレジットカードから電子マネーへ! が始まり?

creditcard-smaho03

日本でも最初は現金で買い物をするのが主流でしたが、クレジットカードが出現してからは、あらゆるところでクレジットカードを使う人が増えてきましたよね。

さらに電子マネーなるものが出てきてたくさんの人が使っていますよね。例えば楽天エディはその代表的なものですし、SuicaやWAONなども電子マネーですし、au ウォレットなどもそうですよね。

しかも電子マネーはクレジットカードでチャージができるという事もあってか、ますます現金離れが目立つようになってきたわけです。

そして決定的にキャッシュレスに近づけたのはスマホです。スマホの登場によってよりキャッシュレス化に拍車がかかったわけです。

日本もスウェーデンと同じく現金使用率が数%になるかも?

creditcard-smaho04

現在スウェーデンで現金を使った人は、全体のわずか数%しかいないといわれています。

実際に紙幣と硬貨については2%しかなく、後の98%の取引はすべてクレジットカードなどで行われているのだそうです。

そのせいか、スウェーデンの銀行には現金がなく、店舗もネット上にあればいいので人を雇わなくても済んだり、よくある銀行強盗などに襲われる心配もなくなったのだとか。

確かにセキュリティ上は良いのかもしれませんが、その分犯罪に関してはこれまでとは比べ物にならないくらいの恐怖を感じるのも事実です。

セキュリティはがっちりとしないと危険ですね!

サイバー犯罪が横行するわけですから、被害額もちょっとやそっとではないかもしれません。

中にはサイバー犯罪に巻き込まれてしまって、社会的な信用を失ってしまい、クレジットカードが使えなくなるという恐怖が待っているかもしれません。

キャッシュレスというのはプラスな事ばかりではなく、マイナスな面も持ち合わせているという事を頭に入れておくべきなのでしょう。

今後日本でキャッシュレス化した時代がやってくるかもしれませんが、その時には今よりももっと大変な時代がやってくる事も知っておきましょう。

例えばクレカが無いとまずいとか、つい買い物をしすぎて支払いが大変になってしまう、といった問題についても備えるべきですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめのクレカはこちら!

海外のカード事情カテゴリの関連記事