HOME > すべての記事 > クレジットカードQ&A > 福島県自動車税納付システムにGMO-PGの決済サービスを導入

クレジットカードQ&A

福島県自動車税納付システムにGMO-PGの決済サービスを導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GMOグループのGMOペイメントゲートウェイは、2016年度の福島県自動車税納付にクレジットカード決済を導入しました。

キャッシュレス社会の推進に伴い、地方自治体における公共料金や税金の支払いに、クレジットカード決済の導入余地が多く残されている中、福島県とGMOペイメントゲートウェイの取り組みは、その第一歩となったのです。
画像出典:https://www.gmo-pg.com/

GMOペイメントゲートウェイの税金クレジットカード決済システムを導入

福島県とGMOペイメントゲートウェイは、2016年度の自動車税の納付にクレジットカードによる決済サービスの導入で提携しました。

福島県では、GMOゲートウェイが制作・運営する自動車税支払いサイト「福島県自動車税お支払いサイト」を開設し、クレジットカードの決済システムも合わせて、GMOゲートウェイから提供されます。

GMOペイメントゲートウェイによる決済システムは6万店舗へ拡大

決済サービス
出典:https://www.gmo-pg.com/

情報化社会の進展に伴い、現金の取引に関してもキャッシュレスで完結するニーズが高まっています。さらに、日本政府としても2020年に向けた成長戦略として「キャッシュレス決済の推進」を掲げています。

それに伴い、公共料金や税金といった支払いに関しても、クレジットカードを利用した決済システムの導入が各地方自治体で進んでいます。

GMOペイメントゲートウェイでは、既に、ネットショップやデジタルコンテンツ販売サイト、NHK放送料の支払い、月額課金型事業者、日本年金機構、東京都など、官民向けに6万5652店舗(事業者)へ納入実績があります。

今後もさらに、キャッシュレス社会の進展に伴い、各自治体向けに最適化した形で、決済サービスの提供を行う方針を掲げています。

納付者はパソコンやスマートフォンから支払いが可能

福島県が提供する「福島県自動車税お支払いサイト」で、納付者はパソコンやスマートフォンを用いて簡単に支払い手続きが可能です。

支払い手続きの際にあらかじめ手元に「自動車税納付通知書」を用意し、「納付番号」と「確認番号」を確認しておきます。利用可能なクレジットカードは、VISAとMasterCard、JCB、アメックス、ダイナーズです。

「福島県自動車税お支払いサイト」にて支払った税金、指定納付代理業者である「トヨタファイナンス株式会社」によって立替払いなります。

支払い手続きの際に、1件につき、324円の決済手数料が発生する点には注意が必要です。また、支払い手続きが完了すると、キャンセルなどができません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめのクレカはこちら!

クレジットカードQ&Aカテゴリの関連記事