HOME > すべての記事 > ポイントを貯めたいならこれ! > ANAマイラー必見!本家ANAカードより、ANAマイルがお得に貯めることが出来るクレジットカードまとめ

ポイントを貯めたいならこれ!

ANAマイラー必見!本家ANAカードより、ANAマイルがお得に貯めることが出来るクレジットカードまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

陸マイラーとしてあまり飛行機に乗らずマイルを貯めている方は多いですが、クレジットカードポイントからマイルへ移行する際、どうしても交換レートが悪く思うようにたまらないケースが多いです。今回は、クレジットカードの利用で効率的にANAマイルを貯めることができるクレジットカードを紹介します。

  1. 漢方スタイルクラブカード
  2. エクストリームカードとソラチカカードの組み合わせ

それぞれ内容を見て行きましょう。
 

漢方スタイルクラブカード

漢方スタイルクラブカードはJACCSと薬日本堂が提携して発行しているクレジットカードです。このカードの大きな魅力はANAマイルへの交換レートが、1.05%と本家のANAカードを凌ぐ高さがあることです。

貯まったポイントは移行手数料無料で500ポイントから1500ANAマイルに交換することができます。漢方スタイルクラブカードは2,000円ごとに7ポイント付与され、2,000円で21マイル稼ぐことができます。

ANAカードの場合、クレジットカードの利用でたまったポイントは、クレジットカード毎に設定されたマイル移行手数料を支払う必要があり、100円に1マイルであることを考えると、飛行機にあまり乗らない陸マイラーにとてもおすすめできるクレジットカードです。

エクストリームカードとソラチカカードの組み合わせ

東京メトロ
ジャックスが発行しているエクストリームカードと東京メトロが発行している「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」の組み合わせで、ANAマイルへ交換レートが1.35%実現できてしまいます。更に、エクストリームカードとソラチカカードを2枚併用することに加え、ポイントサイト「Gポイント」に登録する必要があります。Gポイントは120種類以上のポイントやサービスに貯まったポイントを交換できるサイトです。

ANAマイルまでの交換までの大きな流れとしては以下となります。

  1. エクストリームカードを利用してポイントを貯める。
  2. エクストリームカードのポイントをGポイントに移行する。
  3. 交換したGポイントを東京メトロポイントに移行する。
  4. 東京メトロポイントをANAマイルに移行する。

エクストリームカードはGポイント交換する場合、ポイント還元率が1.5%と高いのが特徴で、2000ポイントから3000Gポイントに移行できます。そのため、エクストリームカードはメインカードとして利用し、貯まったポイントはGポイントに移行します。

次に、Gポイントを東京メトロポイントに交換します。1Gポイントから1ポイントに移行できます。ちなみに、Gポイントから直接ANAマイルに移行することはできますが、30Gポイントから10ANAマイルと交換レートが悪いため、ここではあえて、ソラチカカード会員限定で100ポイントから90ANAマイルに移行することができるため、東京メトロポイントを経由してANAマイルに交換します。

クレジットカードを複数所有し、Gポイントを経由しなければならないという若干の手間が発生してしまいますが、それぞれのカードのメリットを組み合わせてポイントを移行するだけで、ANAマイル1.35%と今までにない高還元率が実現できます。

エクストリームカードは初年度無料で2年目以降から3,000円(税抜)、ソラチカカードは初年度無料で2,000円(税抜)の年会費に加え、マイル移行手数料として2,000円(税抜)発生しますが、エクストリームカードの場合、年間30万円以上の利用で翌年度の年会費が無料になり、ポイントも早く貯まりますのでメインカードとして利用することをおすすめします。


飛行機にはあまり乗らないけど、マイルを効率よく貯めたいとお考えの方には、漢方スタイルクラブカードもしくはエクストリームカードとソラチカカードの組み合わせがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめのクレカはこちら!

ポイントを貯めたいならこれ!カテゴリの関連記事