HOME > すべての記事 > ポイントを貯めたいならこれ! > nanacoチャージする際の漢方スタイルクラブカードからの乗り換え先は?

ポイントを貯めたいならこれ!

nanacoチャージする際の漢方スタイルクラブカードからの乗り換え先は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

漢方スタイルクラブカードでのnanacoへのクレジットチャージにおけるポイント付与率が2,000円につき1ポイントとなってしまうという残念なニュースがありました。
「ポイント」改訂についての記事はこちら

特に、税金などの公共料金を支払っていた方は、乗り換え先のカードを検討しなければなりません。そこで今回、引き続きnanacoへのクレジットチャージでお得にポイントがたまるお得なクレジットカードを紹介します。
 

リクルートカードプラス

漢方スタイルクラブカードでのnanacoへのクレジットチャージにおけるポイント付与率の改訂で、乗り換え先の候補となるクレジットカードとしておすすめなのは「リクルートカードプラス」です。

リクルートカードプラスはポイント還元率が最大2.0%と高いのが特徴で、100円につき2ポイント獲得することが出来ます。

クレジットカードの利用で貯めたポイントはリクルートポイントとして貯まり、じゃらんやポンパレなどのリクルートサービスで利用できる他、共通ポイントサービスである「Ponta」との相互交換サービスが始まり、1リクルートポイントあたり1Pontaポイントへ交換することが出来ます。

Pontaはローソン、ビッグカメラ、大戸屋、GEO、昭和シェル石油など幅広い店舗やサービスで利用することができます。

更に、PontaはJALマイルへも交換が2015年春よりスタートします。交換レートは2Pontaポイントあたり1マイルに交換することが出来ます。そのため、リクルートカードを利用するとJALマイルが実質1.0%となり、JALマイラーにとって最強なカードとなりそうです。

ただし、リクルートカードプラスは年会費が2,000円発生しますが、ポイント還元率が2.0%であることを考えると、年会費の元は容易に取ることはできるでしょう。

しかしながら、nanacoチャージをたまにしかしない方や漢方スタイルクラブカードでnanacoチャージ以外の支払いを継続利用したいと考えているため、年会費を一切払いたくないとお考えの方は、通常の「リクルートカード」がおすすめです。

年会費が無料である代わりにポイント還元率は1.2%と下がりますが、それでも一般的なクレジットカードに比べると還元率は高く、nanacoチャージ用のサブカードとしても手軽に持つこと出来ます。

楽天カード(JCB)

楽天カード
楽天カードはJCBブランドに限り、nanacoへのクレジットチャージでポイントが付与されます。

ポイントは100円につき1ポイントたまり、1ポイントあたり1円から楽天スーパーポイントとして、楽天市場や楽天ブックスなど楽天サービスで利用できる他、実店舗においても共通ポイントサービス「Rポイント」として使えるようになりました。

また、電子マネー「楽天Edy」にも交換できますので、楽天Edy加盟店でのお買い物にも幅広く利用することができます。

漢方スタイルクラブカードでnanacoへのクレジットチャージでANAマイルを貯める事を目的として利用されている方が多いかと思いますが、引き続きnanacoチャージでANAマイルを貯める場合は、還元率が0.5%と漢方スタイルクラブカードの時と比べて下がってしまいますが、2ポイントあたり1マイルに交換できますので、楽天カードが候補となりそうです。


漢方スタイルクラブカードのポイント改訂後は、ポイント還元率を重視される方、JALマイラーの方は「リクルートカードプラス」、楽天ユーザーやANAマイラーの方は「楽天カード(JCB)」がおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめのクレカはこちら!

ポイントを貯めたいならこれ!カテゴリの関連記事