HOME > すべての記事 > ポイントを貯めたいならこれ! > 消費税増税も怖くない!高還元のポイントかつキャッシュバックできるSBIレギュラーカードまとめ

ポイントを貯めたいならこれ!

消費税増税も怖くない!高還元のポイントかつキャッシュバックできるSBIレギュラーカードまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年4月より消費税が8%へと上がり、店頭の商品の多くが値上げされました。
そのため、頑張って節約をしようと考えている方は多いですが、節約するにも限りがあります。
今回は発想を変えて、お金を使うことでトータル的にお得にできる家計に嬉しいSBIレギュラーカードの特徴を見ていきます。
 

貯まったカードポイントをキャッシュバックできる

SBIレギュラーカードの利用でたまったポイントは「サークルプラスポイント」として、1,000円で10ポイント貯まります。5,000ポイント貯まった時点で、現金5,000円と手数料無料で交換することができます。

サークルプラスポイント5,000ポイント貯めるには、50万円以上カードを利用しなければなりません。50万円は金額が大きいと感じますが、メインカードとして、日常のショッピング以外でも公共料金の支払いなどあらゆる出費をSBIレギュラーカードで支払うと、50万円は容易に達成することができます。

また、1,000円未満だった場合は、その月にはポイントの付与はされませんが、翌月の利用金額と合算してポイントが付与されますので、1,000円未満の場合でもポイントを無駄にすること無く貯めることができます。

クレジットカードで貯まったポイントをキャッシュバックとして利用できるクレジットカードはありますが、SBIレギュラーカードの場合は、振替口座に直接振り込まれます。そのため、クレジットカードを利用するだけでトータル的にお得になります。

1万ポイント以上貯まると還元率が1.2%とランクアップ

クレジットカードの利用金額がトータルで100万円以上利用し1万ポイント獲得した時点で、ポイント還元率が1.2%とランクアップされます。

SBIレギュラーカードで100万円利用した時点で12,000ポイント獲得できます。更に、200万円利用すると還元率が2.4%となり、24,000ポイント獲得できます。

ただし、サークルプラスポイントの有効期限は2年間に設定されているため、年間50万円以上の利用しなければ、100万円に達することはできません。

そのため、先述したようにメインカードとしてあらゆる支払いにSBIレギュラーカードを利用することが大きなコツとなります。
クレジットカードの利用金額が多ければ多いほどお得になります。

ポイントサイト「SBIポイント」と合わせて更に多くのキャッシュバックを獲得

キャッシュバック
SBIレギュラーカード利用したポイントは、キャッシュバック以外にもSBIグループの共通ポイントサイトである「SBIポイント」に移行することもできます。SBIポイントへの以降は、カード利用で貯まったサークルプラスポイント1ポイントからSBIポイント1ポイントに移行できます。

SBIポイントでは、SBIモールを経由して「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」などで買い物をすると、購入金額に応じてSBIポイントが貯まる他、SBIグループのネットバンクである「住信SBIネット銀行」で住宅ローンを契約、「SBI証券」で投資信託の購入など、ネットショッピングやSBIグループのサービスを利用することでポイントを貯めることができます。

貯めたポイントは住信SBIネット銀行もしくはゆうちょ銀行へキャッシュバックすることができます。

現金に交換する際のレートは通常では1ポイント0.8円となっていますが、SBIカード会員かつ住信SBIネット銀行への振込限定で5,000ポイントを5,000円からキャッシュバックできます。ネットショッピングやSBIグループの利用で貯めたSBIポイントとサークルプラスポイントから移行したポイントを合算し、更に多くのキャッシュバックを獲得できます。

SBIポイントへは、サークルプラスポイントが5,000ポイント未満でも交換することができますので、有効期限が近づいており、どうしても5,000ポイント達成することは難しい、7,000ポイント貯まっていて、5,000ポイントをキャッシュバック後、2,000ポイント余ってしまったといった場合は、SBIポイントへ移行することでポイントを無駄にすること無く使えます。

また、SBIポイントへ移行することで、サークルプラスポイントの有効期限2年とSBIポイントの有効期限2年を加えると最長4年に期限を延長できますので、ポイントもじっくりと貯めることができます。


SBIレギュラーカードは利用額が多ければ多いほどお得になる仕組みとなっていますのでメインカードとして利用することをおすすめします。また、SBIポイントと併用することで多くのポイントを合算でき有効期限を最長4年に延長できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめのクレカはこちら!

ポイントを貯めたいならこれ!カテゴリの関連記事