HOME > すべての記事 > 旅行に便利なクレジットカード > トラベレックスは現金両替だけではなくクレジットカードで外貨が購入可能!

旅行に便利なクレジットカード

トラベレックスは現金両替だけではなくクレジットカードで外貨が購入可能!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外旅行に行く際に、手元の日本円を外貨に両替される方は大変多いですが、実は外貨両替を扱っている「トラベレックス」では、外貨をクレジットカードで購入することができます。

オンラインと実店舗共にカード利用可能

トラベレックスジャパンのオンラインと実店舗の両店舗でクレジットカードによる購入は可能です。

しかしながら、オンラインと実店舗では取り扱い内容が若干異なります。

1.オンライン購入する場合

取り扱い通貨は33通貨で同一のカード名義で合計30万円までとなっており、決済可能な国際ブランドは「VISA」もしくは「MasterCard」となります。

オンラインで注文後、外貨は自宅や勤務先のほか、出発当日空港などにあるトラベレックスの実店舗で受け取ることができます。

送料は注文金額が10万円未満の場合は全国均一1,000円、10万円以上の場合は送料無料となっています。

2.実店舗で購入する場合

travelex01
実店舗で取り扱っている全通貨に対して、同一カード名義で合計20万円までクレジットカードで外貨を購入することができます。

決済可能な国際ブランドは「JCB」のみとなっており、「VISA」もしくは「MasterCard」が利用できない点に注意が必要です。

レートは基準レートに3〜4円を上乗せ

外貨両替サービスを提供しているお店や銀行は、単純に日本円から外貨に両替しているわけではなく、予め定められた基準レート(TTSレート)から、両替手数料を3〜4円を上乗せしたレートでサービスを提供しています。

例えば、10万円を米ドルに両替すると仮定します。

基準レートが1ドル100円だった場合米ドルに両替すると1000ドルとなります。

手数料は1ドル3円と考え、1000ドル×3円で3000円の両替手数料が発生します。

この様に、両替サービスを利用する際は基準レートに手数料が上乗せして請求されているということを必ず把握した上で利用しましょう。

手数料を安くしたい方にはクレジットカードのキャッシングがおすすめ

外貨両替を行う際は手数料がしっかり請求されることはお分かり頂けたかと思いますが、なるべく手数料を安く抑えたいと考えている方には、クレジットカードのキャッシングを使うことをおすすめします。

キャッシングは現地の空港に到着した際に、空港のATMでキャッシングを行うことで直接外貨を引き出すことができますので、両替する際に発生する為両替手数料が発生しないメリットがあります。

キャッシングを行う際に、負担する手数料としては、キャッシングを行う際の金利(通常18.00%)と200円程のATM利用手数料です。

10万円キャッシングした場合

上記条件で基準レートが1米ドル=100円の時に10万円キャッシングした場合の1日あたりの利息は100000円×0.18÷365日で「49円」となります。

それを14日で返済した場合は49円×14日間で「686円」となり、ATM手数料216円を加算すると、トータルの手数料は「902円」となります。

両替するのに比べ圧倒的に手数料を安く抑えることができます。


ただし、どうしてもクレジットカードのキャッシングに踏み出せない、少々手数料が発生しても確実で安全な方法で外貨を購入したい場合は、トラベレックスでクレジットカード決済する方法を使うと、カードポイントも貯まりますので、現金を直接両替するのに比べるとお得になりそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめのクレカはこちら!

旅行に便利なクレジットカードカテゴリの関連記事