HOME > すべての記事 > 旅行に便利なクレジットカード > オランダ王国のお勧め観光地とクレジットカード事情

旅行に便利なクレジットカード

オランダ王国のお勧め観光地とクレジットカード事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

芸術の街、オランダ王国は江戸時代から日本とは深いかかわりを持った国で、『蘭学』という言葉を聞けばだれでもわかるはずですね。

今回はオランダ王国についての簡単な説明や、日本とのかかわりそしておすすめの観光地などについてをご紹介していこうと思います。

オランダ王国ってどんな国なの?

オランダは世界的にも有名な芸術家を排出した国で、例を挙げると『ゴッホ』や『レンブラント』『フェルメール』そして、『アンネフランク』もオランダ出身として知られています。

日本人の多くはオランダというとチューリップや風車を想像しますが、それだけではなくたくさんの美術館や、自然豊かな公園や湖などもたくさんある国なのです。

では具体的なオランダのおすすめな観光地をご紹介したいと思います。ただし今回は芸術に関する観光スポットをご紹介していきます。

アムステルダム国立美術館

amsterdam-museum

オランダのアムステルダムにあるアムステルダム国立美術館は、オランダ出身の世界的有名な芸術家の作品が数多く展示されている美術館です。

アムステルダム国立美術館に収蔵されている芸術品は、特に世界でも素晴らしいというフェルメールの作品や、レンブラントの作品が多く展示されている美術館です。

フェルメールと言えば「青のフェルメール」としても有名で、青の絵の具の美しさは世界でも類を見ないほどの芸術家でした。

さらに光の魔術師と言われているレンブラントの「夜警」や「音楽を奏でる人々」を見た方は、まるで本当の写真のようだと驚くほどの才能です。

ぜひ自分の目で世界で最も美しく驚きのある作品をご覧になっていただきたいですね。

ゴッホ美術館

gogh-museum

世界的な芸術家としても知られているのが「ゴッホ」です。ゴッホの描いた作品の多くは世界、中の収集家が所持している事もあるようですが、多くの作品がゴッホ美術館に収蔵されているのです。

ゴッホ美術館はゴッホのファンではなくても、見る価値のある美術館であると言えるでしょう。4階建ての美術館にはそれぞれのテーマで作品が展示されています。

特に有名な『ひまわり』や『麦畑』も展示してあり、有名な芸術作品を見て、オランダが生んだ世界の宝の数々をご覧になってみてもいいでしょう。

レンブラントの家

rembrandt-museum

特におすすめの画家のレンブラントの家を見る事ができます。レンブラントが生きていた1639年~1658年の歴史的な建造物をその目で見る事ができます。

レンブラントがその家で、どんな事を考えてどんなものを見て作品を作っていたのかを体感する事ができるはずです。レンブラントの家では実際にレンブラントが使ったと言われている道具が展示されています。

しかもレンブラントが実際に作業をしていた部屋は、しっかりと再現されており、本当にレンブラントが作成したエッチングが展示されているので、芸術が大好きという方にはたまらない美術館でしょう。

オランダとはどんな国なの?クレジットカード事情は?

オランダは江戸時代から日本と友好関係を築いてきた国の一つで、日本よりちょっと広い面積の国土に1659万人が暮らす国です。

EUに参加している国なので通貨はユーロで、首都のアムステルダムは日本に比べると全体的に若干気温が低くて過ごしやすいと言えるかもしれません。

滞在中はできれば現金を持ち歩くような事はしない方がいいでしょう。その理由はプロの窃盗団などが多いからなのだそうです。

なのでできればクレジットカードを利用する方がいいかもしれません。

基本的に日本と同じでチップはありませんが、タクシーやレストランで良いサービスを受けたら、10%~15%くらい料金に上乗せをして支払うといいでしょう。

使えるクレジットカードはVISA、マスター、JCB、アメリカンエキスプレスが使えますので、VISAとマスターを持っていけば問題はないでしょう。

日本人にとってとても過ごしやすいと感じる国でもあるので、季節を問わず楽しめるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめのクレカはこちら!

旅行に便利なクレジットカードカテゴリの関連記事