HOME > すべての記事 > 旅行に便利なクレジットカード > 世界中のVISA加盟店での利用でTポイントが貯まる「ソフトバンクカード」がデビュー!

旅行に便利なクレジットカード

世界中のVISA加盟店での利用でTポイントが貯まる「ソフトバンクカード」がデビュー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

KDDIの「au WALLET」に引き続き、ソフトバンクモバイルもプリペイド決済市場へ参入し「ソフトバンクカード」をリリースしました。
今回はソフトバンクカードの大きな特徴をそれぞれ紹介します。

 

プリペイドカードとクレジットカードの2つの使い方が可能!

ソフトバンクカード」は、予め指定した金額をチャージしてプリペイドカードとして利用できる他、クレジット契約を結ぶことでクレジットカードとしても使えるVISAカードです。
世界中3800万箇所以上のVISA加盟店で利用することができます。

まず、予め指定した金額をチャージして、プリペイドカードとして利用する場合、貯めたTポイントを100ポイントあたり85円相当に交換する方法、ソフトバンクカード発行時に予め指定されたジャパンネット銀行の銀行口座にチャージしたい金額を振り込む方法、ジャパンネット銀行の口座間で口座振替を行う方法、ソフトバンクまとめて支払いを利用して、月々の携帯電話料金と合算してチャージする方法があります。

ソフトバンクカードの一番の特徴としては、クレジット契約を結ぶことでクレジットカードとしても利用可能な点です。

チャージ残高が不足した場合、不足金額をオートチャージすることにより決済時の利便性が向上する他、全くチャージすることなく残高が0円のままでも、決済した金額が後日請求されますので、ほぼクレジットカード同様の使い方が出来ます。

クレジット契約については、過去に楽天カードを発行していたワイジェイカード株式会社が提供し、利用には別途申し込みと審査が必要になります。

VISA加盟店の決済で200円につき実質3ポイント付与!

ソフトバンクカードをVISA加盟店で利用することで、200円につき2ポイントのTポイントが付与されます。還元率は1.0%です。

通常のTカードであれば、200円につき1ポイント付与されますが、今回は通常ポイントが1ポイント、決済時のポイントが1ポイント付与される形となります。

更に、クレジット契約である「おまかせチャージ」を利用した場合、200円につき3ポイントのTポイントが付与されます。

個人間の送金や海外ATMでの引き出しも可能!

海外ATM
ソフトバンクカードは、個人間の送金や海外旅行や出張の際にとても便利な、海外ATMよりキャッシュを引き出すことが出来ます。

ソフトバンクカードのチャージ残高は、「現金バリュー」と「プリペイドバリュー」に分けられ、ジャパンネット銀行への振込、口座振替の方法によりチャージした残高は「現金バリュー」、Tポイント、ソフトバンクまとめて支払い、「おまかせチャージ」によりチャージした残高については「プリペイドバリュー」に分けられます。

個人間の送金を利用するには、送金相手も同様にソフトバンクカードを所有している必要があります。個人間で送金する場合は、プリペイドバリューの残高から送金されます。海外ATMでのキャッシュの引き出しは、「現金バリュー」の残高から引き出すことが出来ます。


KDDIでも「au WALLET」が登場しましたが、ソフトバンクカードは、Tポイントがためやすいこと、クレジットカードとしても利用可能なこと、個人間の送金、海外ATMでの引き出しなど、利便性が高い機能が多く搭載されていることが大きな特徴です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめのクレカはこちら!

旅行に便利カテゴリの関連記事